acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

登川・金山沢

2009年08月28日 22時48分27秒 | 山行速報(沢)
越後の美渓と名高い、登川・金山沢に行ってきた。
突き抜けるような青空のもと、スラブ滝は空から落ちてくるかのよう。
スケ-ルといい、傾斜といい、程よく爽快、そして幾分の緊張。
とはいえ、より快適に登るための秘密兵器で、いやはや、痛快ですな。
邪な最終兵器とはいえ、この爽快さ、痛快さにはかなわないのです。
癖になりそう。(笑)

駐車場所(2台くらいのスペ-ス)から用水路沿いに行くと、自然と金山沢に入っていく。
下部は、しばらくゴ-ロが続くが、所々スラブやナメもチョコチョコと顔を出す。
ようやく滝らしい滝が出てきたら、ここからはしばらく滝場が続く。


滝場の始まり

滝場をしばらくこなして体もこなれてくると、前方の空が開けてくる。
これはスラブが近いことを物語る。
期待に応えて、第一スラブの登場。
高さ、幅、ともにスケ-ルがあって、見栄えがする。

このたびのメンバ-はガストンさん、Nさん、ko-yaくん、sakの4人
人数も多いので、この最初の見せ場では大いに盛り上がる。
しかし、第二スラブのほうがスケ-ルはあるというのだから、期待は高まる。
第一スラブは傾斜もゆるく、階段状や草つきを繋いでいけば、困難はない。


スラブが始まるよ!

第一スラブを上りきると第二スラブが広がる。
落ち口ははるかに上、空に続くかのよう。
中段の真っ白なスラブが美しい。

と、ここでおもむろにクライミングシュ-ズを取り出す。
そう、コレが今回の秘密兵器なのです。


第二スラブ全景

沢登でありながら、クライミング気分も味わえちゃう!
まあ、なんてお買い得なんでしょう。
♪~

う-ん、快適快適。
沢靴だとシビアと思われる場所もこれなら快適。
カラカラに乾いたスラブにびたっと決まる心地よさ。
こりゃ麻薬です。


スラブの真っ只中

都合、4ピッチ。
本来、下部はフリ-で3ピッチというのが、通例らしい。
しかし、支点はほとんどなく、腐ったのが2.3箇所ほど見かけたが、使う気にはなれない代物。
確保支点はハ-ケンで。コレは必携ですね。


第二スラブの落ち口から

第二スラブが終わると一気に水量が減り、源頭の様相。
しかし、まだまだ小滝はたんまりと出てくるので、いつしか、直登チャレンジ大会~ドボンするのは誰だ!~が始まる。


直登チャレンジ大会の様子

二俣は左を選択。
一箇所チムニ-状をステミングで行く滝が最後の見せ場。
あとは淡々と詰めあがれば、南ノ入の頭直下の鞍部。
越後三山が出迎えれくれる。

下山はこの尾根を下ることとした。
上部には池塘もある草原に気をよくしたものの・・・。

地図には破線が引いてあるが、踏み後程度の道形。
薮屋なら、まあ、こんなもんかなといったところだが、所々不明瞭な部分も。
忠実に尾根をたどれれば、迷うことはないようだが、「廃道寸前」か?

夕暮れも迫ってきたころ、踏み後もしっかりしてきて一安心。
思わぬ残業と相成ってしまった。


草原を行く

沢・岩・薮、そしてヘッデン。
いやはや、充実山行というのは、こういうことかなあ。
そしてこんなとき、下山後の一杯は途方もなくウマイのだ。

さあ、つぎは何処?

sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 榛名黒岩 | トップ | 二子山・中央稜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。