acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

阿武隈川・白水沢

2016年08月16日 23時56分46秒 | 山行速報(沢)

2016/8/6 阿武隈川・白水沢

シバラクぶりの山。
まぁ、いろいろあるよね。

夏なら沢でしょ。
sztさん、お初のkakさんと。

目指すは白水沢。
阿武隈川系は南沢以来。

森の中だから、夏でも日差しが気にならない。
そして適度に登れる滝が連なる。

盛夏にはもってこいの1本です。

当日朝、4時に集合してkakさんの車で出発。
行きも帰りも運転お世話になりました。

甲子温泉の中を通過して、登山道に入るとすぐに堰堤。
即入渓。

2段10mは水流左。
結構迫力があるけど、手がかりは多くお買い得な感じ。

釜の色が美しい。
泳ぎたくなるが、幾分寒いので止しておく。

20m直瀑は右も左も直登もあるらしい。
右岸が安定しているが、あえて左岸を行ってみる。
細かいが、手掛かりは多い。でも支点はプア。
程よい緊張感。
sztさん、kakさんは右岸を行く。

二俣は左俣。
その先の奥の二俣は右沢をチョイス。

時に、わざと流心突破を試みる。
沢に来たなら、濡れなきゃ。

右沢入口となる4段30mはロ-プを出して行く。
sztさんリ-ド。
下段は水流右。

続いて上段は巻き気味に行けばいいのだろうけど、水流近くのカチを拾っていく。
なかなか、スラブ系ボルダ-ちっくで面白い。

左に折れて、3段30mは涸沢。
上部で右にトラバ-スするが、脆いので要注意。

あとは適当に右に左に入って、樹幹の奥の青空目指していく。
で、最終的にはGPSのお世話になる。(笑)

大白森沢下降というオプションもあったけど、あえなく却下となり、
気持ちいい木漏れ日の中をテクテク歩く。
途中、くまモンの痕跡。

甲子山はスル-して下山。
そう言えば、「山頂を踏まない登山」というのにこだわったあの頃を想い出したりしながら。

舗装路に出ると、なんだこりゃな猛暑。
森の底力を思い知らされたわ。

沢登は盛夏にゆっくりと時間をかけて楽しむが吉。
冗談を言いながら、気負いなく行けるのがイイ。


sak

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川岳 馬蹄形縦走 白毛門→... | トップ | 倉沢谷本谷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。