acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

吾妻・前川大滝沢

2015年09月17日 14時04分23秒 | 山行速報(沢)

2015/8/27 吾妻・前川大滝沢

前日の悪天。
いや、盆明けから天気のいい日なんてなかったか。

山行計画の決行判断はギリギリまで悩んだ。
悩んだ結果、決行した。

前夜雨降る中、峠駅に着いた頃はシトシト模様。
朝になっても弱いが雨模様。
う----ん。最悪、温泉+観光か?

入渓地点に行って水量をみて、決行とした。
予想はしていた、時折舞う霧雨もこのくらいなら我慢ができる、、、か?

 

岳人No.721号
特集○日本の渓

数ある山岳雑誌(当時は『山渓』と『岳人』くらいだったか)のなかでも、これは手放せないでいる。
秀逸な特集記事。
沢ヤならば、そう感じている方も多いと思う。

ペ-ジを開いて畏れ、唸り、憧れ。
そして想いを馳せる。

前川大滝沢は『デ-ト沢』として推奨されている。
癒しの渓相が約束された沢ならば誰しも「行ってみたい」と想うのは必然だ。

メンバ-はKei2さん、suztmさん、suzmiさん、adaさん。

駐車地点からのアプロ-チはほぼゼロ。
入渓地点からナメがはじまる。

う----む。癒される。

時折出てくる滝も美しい。
幾分寒かろうが胸まで濡れるのも、まあ楽しい。
何と言っても、このナメの平坦さと広さ、だ。

そして現れる大滝。
残念ながら、写真じゃ伝わらない。
眼前に立ってみていただきたいものだ。

これを巻いて滝上に出る。

途中、これでもかというようなナメ、ナメ滝。
これに青空があれば、、、と思うがそれは贅沢というものか。

水を蹴りながらのナメ、小さな巻き、ヘツリ。チョットだけ泳いだり。
大岩が出てくると、体を駆使して岩の間を抜けていく。そんな楽しさ。

チョット苦労する場面でパ-トナ-を思いやりおたすけ紐を投げる。
ややや。
これは確かに『デ-ト沢』ですな。

最後に潜り滝を拝して、あの人の想い出話。
「行ってみたい」
そう想う、人の気持ちは消えない。
それに応える約束も、然り。

約束を果たすのが、運命?
まあ、チョットカッコつけすぎか。

sak

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安達太良・杉田川 | トップ | 栂海新道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。