acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

子持山獅子岩南壁

2015年05月07日 14時48分56秒 | 山行速報(アルパイン)

2015/4/16 子持山獅子岩南壁


春風に吹かれ、桜の季節も終わりに想い出した幼少時代の記憶。
庭に咲く春の花

強く、すぐそれとわかる芳香
あれは何の花だったろうか。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

天候にも恵まれ、クライミングにはもってこいの一日。
パ-トナ-のsuztくん、初めてのマルチ、そしてツルベ登攀。

久しぶりの獅子岩だなぁ、などと指折り数えてみる。
すると、sakも久方ぶり(約二年ぶりか・・・)のマルチクライミングだった。

とゆ---ことで
なかなかの奮闘となったことを付け加えておこう。(笑)

一方のsuztくんは初めてのツルベ、ロ-プワ-クもこなしてクライミングも上々。
後はどんどん登って、いろんなトラブル(事故にならぬ程度の)も経験して強くなってほしい。

獅子岩頂上でのんびりまったりしていると、子持山方面からハイカ-の声が聞こえた。
そういえば、山頂行ったときないんだよね。そのうち行かなきゃな、などとぼんやり考えていた時。
言葉では言い表せない厭な感覚、ん?感情?
いわゆる六感というものだろう。
後から思えば、、、なんてことはよくある事かもしれないけども、このシチュエ-ションでは笑えない。
下山はトレ-ニングも含めて同ル-ト懸垂下降を予定していたんだけど、歩いて降りることにした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

花の名前は沈丁花。
葉の縁が斑模様で、薄い紫のグラデ-ションをした小さな花が集まり手毬状で印象深い。
花言葉は「栄光」「不滅」「永遠」とあった。

もうすぐ、あの日から一年経つ。
「忘れない」ではなく、花の香りと共に記憶に刻んでいく。


sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼山 北面台地 山スキー | トップ | 聖岳東尾根~奥聖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。