acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

八ヶ岳・大同心北西稜

2015年06月30日 22時35分34秒 | 山行速報(アルパイン)

今日のラッキ-カラ-は・・・。

朝の出がけに、今日のナントカ占い。

これね、結構バカにできなくってさ。
残るんだよ。
今日一日さ。

あ-----。
そう言えば、朝の占いで言ってたっけなぁ、、、って。

いや、信じてるとかそういうんじゃないけど。
残るんだよ、一日限定で。

そう言えば・・・ってね。


2015/6/9 八ヶ岳・大同心北西稜

前夜、美濃戸まで入って車中泊。
五時半には美濃戸をスタ-ト。
suztさんと北沢の道を鉱泉目指す。

途中、岩を連ねた横岳の門番、大同心と小同心を仰ぎ見る。
いつもながら素晴らしい景観。
しかし、なんだなあ。
なんかちょっと新鮮な感覚。

そう言えば。
無雪期の八ヶ岳、初めてでした。

赤岳鉱泉で幕を張ったなら、向かう先は大同心北西稜。
本来なら冬の課題であろうこのル-ト。
数年前の冬、頓挫した計画を思い出し、ハ-トに火が付いた。
無雪期に登っている記録も散見。
これは行くしかないでしょ。

大同心稜をボトボト歩いて、大同心基部。
基部を裏同心ルンゼ方面へ下る。
あれ---。かなり下ったよね。と思う頃ありました。
目印のピナクル。
といいますか、それより目立つ、ピンクテ-プ。

1P・リ-ド
バンドを少し行って、小ルンゼを行く。
6月とはいえ岩が相当に冷えていて、たちまち指先がしびれる。
第一関節から先の感覚が鈍い。
指先が持てているのか不安になるくらい。
脆さもあるので慎重に。

2P・フォロ-
正面リッジを左から回り込む。
緩い草付でトコトコ歩く。
日向に出て、ホッコリする。

3P・リ-ド
緩い岩壁、階段状を右上してリッジ目指す。
50mだと足りず、いったんビレイ体制をとって少し上がってもらう。
75mくらいあったと思う。
リッジに乗る直前はいくらか立ってくる。

4P・フォロ-
下部の核心。正面のルンゼを行く。
角度も然ることながら、岩の脆さも相まって緊張させられる。
2つのルンゼを右目につないでいく。

5P・リ-ド
凹角状を抜けると草付、灌木帯に入る。
そこを抜けて這松でビレイ。

6P・フォロ-
這松をワサワサかき分け簡単な岩稜を行くと、正面のド-ム状に八ヶ岳的なクラック。
手前まで。

7P・リ-ド
上部の核心。正面の下部クラックに不安を覚え、右に回り込む。
いにしえのハ-ケンに導かれ大同心正面壁の最上部を2mほどトラバ-ス。
くぅ----。この高度感。

凹核をひと登りして上部クラックは、左のカンテ状を行く。
あとは一投足で大同心の頭。

ゆったり休んで小同心への継続も考えたが、それはそれで明日にとっておくことにした。
時間もあるので、下山は硫黄経由で北西稜をじっくり観察しながら。

いやぁ-。
あそこ登ったんかいな。などと思いつつ。

北西ってなんかいい響き。
みやこのぉ~西北ぅ~ってこれは西北だった。

あれ?でも北西と西北って違うのかな?
などとも思いつつ。

困ったときは、ぐ-ぐる先輩に聞いてみよう!


<教えて!ぐ-ぐる先輩っ!!>

方位において、南北を先にする表し方は西洋からの習慣であり、東西を先にする表し方は中国からの習慣である。

風水において、北西は天空を表す方位。
この方位がプラスに働くと、責任感、リーダーシップ、信頼感などを得られやすくなり、マイナスに働くと、傲慢、独善的、権威主義といった感じが強くなってしまいます。

また別名:主人の方位と呼ばれ、家族や組織を代表するものの方位です。
この方位が乱れると組織内に不和が起こったり崩壊したりします。
ラッキ-カラ-はクリーム色やベージュ、淡いピンク。

あ!
そういえば。どこかで見たな。ピンク色の何か。


sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 守門岳 | トップ | 八ヶ岳・小同心クラック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。