acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

谷川岳・一ノ倉沢二の沢本谷

2015年06月05日 08時00分00秒 | 山行速報(アルパイン)

-余韻-

いまでも残っている。
心奮わす、まるで鐘音のよう。
一振りごとに岩に食い込んでいくあの響きが、だ。

1930年。
5月に一ノ沢にトレ-スが刻まれ、次いで7月に二ノ沢左俣。
1934年、8月に二ノ沢本谷はトレ-スされた。

「二ノ沢本谷は古典的名ル-トである。明るいスラブ、美しいゴルジュ、そして急峻な滝からなっており、登攀者に深い充実感を与えないではおかないだろう。」
と日本登山大系にある。

1930年~1934年。
一ノ倉登攀の幕開けともいえる時代。
世の中では、第1回FIFAワールドカップ開催、リンドバーグ夫妻が日本に着陸、ナチス・ヒトラー独裁時代の始まりなど。
現代の礎となった時期でもあり、混乱の予兆を感じさせる。そんな時であったように見える。

 


2015/5/28 谷川岳・一ノ倉沢二の沢本谷


二ノ沢本谷の山行は前日、南稜の下山時に決めた。
そもそも、その準備はしていた。
最終的には現地確認、テ-ルリッジからみる二ノ沢へのアプロ-チ、水量などを視認してからと考えていた。
雪渓は繋がっているし水量は多くはない。源頭部の雪渓も多くないであろうと考えた。

また二ノ沢本谷の記録を紐解いてみると、上下の滝がⅣからⅣ+というグレ-ドでありながら、ネットの記録では時にビバ-クを強いられている場面も散見。
つまり、グレ-ド以上の何かがある。
アルパイン魂が昂るのは、そういうことだ。

一方で気持ちの奥底に臆病な自分が現れるのもそういう時だ。
その彼が何か伝えようとしている。
決して油断ならない。
「上手く行った場合」は想定しない。最悪にならない手段と準備を想定する。

3:00起床。3:40頃、谷川岳慰霊碑園地を出発。
一ノ倉出合4:45

雪渓通しを進んで二ノ沢のスラブ右岸に着床。5:40

しばらくはフリ-。スラブを行く。
本来は水線通しがいいのだろうが、雪渓も残っており右岸側のスラブに引き寄せられてしまう。
上部でロ-プを3ピッチ出し、トラバ-ス気味に三俣下大滝の下に出る。7:24

出だしから時間を擁してしまったが、午後四時、最悪でも日没までにオキノ耳まで出られれば、というのが今回のスト-リ-。
さて、グレ-ドでいうなら二ノ沢本来の核心は本谷大滝(Ⅳ+)なのだが、最も油断ならないのは三俣下大滝(Ⅳ)と考えていた。
ル-ト読み。これがポイント。
ガイドでは右、左、中央と3つのル-トがあるというが、果たして。

俯瞰すると、確かに右が傾斜もねて見えるが上部で手がかりが極端にプア。
左は手がかりは多いが、立っていて脆そう。
水線突破はブロックもあるし、何しろあのスラブ滝にル-トは見いだせない。

不確定要素はあるものの、左壁に取りつく。

1ピッチ、リ-ド。
左壁を一段上がってトラバ-ス。
意外としっかりした岩も多く、充分ではないものの残置もある。
とはいえ、時に脆い。
岩棚があり、ピッチを切る。

2ピッチ、リ-ド。
岩棚からチムニ-を挟んだ向こう側の壁に移る。
足下が切れ落ちているので高度感が最高潮。
そこからカンテを回り込んでフェ-スをトラバ-ス。
そこそこ手がかりはあるが、支点がない。
小さ目のカムが使えるが、ここで落ちるとだいぶ振られるのでとにかく慎重に。
足元の安定した場所があり、ハ-ケンで支点構築。

3ピッチ、フォロ-。
後は滝へ15m位のトラバ-スと水線左を5mほど登る。
トラバ-スから最後の登りは手がかりが極端に少なくなる。
支点も腐っていて、プア。
suztさん、見事なリ-ドで突破。

落ち口上の岩場で一休み。
これはなかなかのものだ。10:34

ここで一旦ロ-プを解いて、開けたスラブを思い思いに登っていく。
やがて水線が右に回り込む。ナメ滝の様相。
濡れるのを嫌い、正面スラブに吸い込まれ登っていくが、上部が草付も交えてひどく悪い。
眼下の沢床を見下ろして、これはさすがにル-トミスを痛感。

ハ-ケン打って懸垂下降と思ったものの、岩は逆層で脆い。
力点を考えると、クラックが理想的な方向に向いていない。
しばらくクラック捜索に要し、何とか軟鋼ハ-ケンを打ち込む。

まるで鐘音のよう。
一振りごとに岩に食い込んでいくあの響き。

懸垂下降で沢床復帰。
ナメナメの水線を越えると細かいが階段状。
とはいえ、落ちると止まらなさそうなのでロ-プを出したまま。

12:16。そろそろ時間も気になる。
お互い、安定した場所で支点構築せずに肩がらみ。
4ピッチほどで本谷大滝直下に至る。

本谷大滝のル-トはこれしかないといった感じ。
岩登りというよりは沢登の範疇だ。
水線左を落ち口に向かって行く。

1ピッチ、リ-ド
下部は階段状。支点も豊富。
上部で飛沫を浴びるころから手がかりがヌメヌメで、ヌメをゴシゴシしながら行く。
ここからが奮闘。
水線左目をと考えたものの、手がかりなく水流に入る。
さすがに滝の上部真中は立っているし、ヌメっている。しかも全身びしょ濡れ。
「メガネ、外しておいてよかったなぁ。」
と軽口をついてチョット余裕を見せてみるが、実は結構イッパイイッパイ。
このあたりは支点も見いだせず、いわんや支点構築の余裕はないので、ヌメをゴシゴシしながら慎重にいく。
落ち口を乗り越すとまだまだ続くスラブ滝。
とはいえ、傾斜は落ちて階段状。

ピッチ切りでハ-ケン打ちながら思ったこと。
「あー寒っ。下山したら、ラ-メン食べてぇ-。」
時計は14:15。
なんとかビバ-クという事態は無いなと安堵。

とはいえ、時に拳ほどの自然落石が谷を落ちていく。あれにやられたらひとたまりもない。

そこからはロ-プを出したままではあったが難はない。
時に同時行動。

源頭の雪渓はその下部は薄くて乗れそうもないので、右岸スラブを行く。
上部に入って、軽アイゼンを履いて乗ってみるが、グズグズの急斜面。なかなか怖い。

結局は奥の二俣を前に右岸薮尾根に乗り、薮を漕いで東尾根に至る。
東尾根は踏み跡もあり、山頂直下も雪に乗ることなく、17:08、オキノ耳に至った。
終了点が山頂、というのは実にいい。

あとはボトボト登山道を行く。
西黒尾根の樹林帯に入ったころからヘッドライトを灯す。
七時過ぎまで歩行できるという、陽の長さに感謝。
湯檜曽川の流音が聞こえてきたら車道まであとわずか。

「やっぱ、ラ-メンだな。」
山から下りるとき、下りたら何食べようか、いつも考えてしまう。
下りることの叶わなかった御霊は何を想っているのだろう。

一ノ倉。
いつだって山行前はナ-バスになる。
そして余韻。
それはどうあっても揺るがない。

あの奮戦があったから。
これがホントの山だ、と思えるから。
あの苦闘があったから。
だから頑張れる。
そういう時もある。

sak

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川岳・一ノ倉沢奥壁南稜 | トップ | 南会津 叶津川赤崩沢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。