acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

奥多摩・水根沢谷

2010年09月15日 01時32分20秒 | 山行速報(沢)
奥多摩・水根沢谷に行ってきました。

当初、計画では米子沢に行く予定でしたが、日本海側は雨。
しからばと、計画もぐぐっと南下し奥多摩に。
それでも、決して予報は良くはなかったのだが、なんとか保ってくれた。
メンバ-はAppleさん、Yu-Chanさん、Aさん、sakの4人。



水根沢谷を選んだのは、今年の長い夏、「水と戯れる」にはギリギリ間に合いそうだったからに他ならない。
ココには沢登りのいろんな要素がコンパクトに詰め込まれている。
それらをお手軽に楽しんじゃおうというわけだ。
しかし、最近「お手軽」がキ-ワ-ドになったのは、歳のせいかなあ。(笑)

当日、早朝発で6:30には駐車場着。
意外と近いぞ。
急な舗装道路をテクテク行くと、昭和の香り漂う集落。
水根沢へは一投足。



初っ端から泳ぐ。(ブレブレ失礼っ!)

最初のゴルジュで泳ぎ突入。
こうなれば、「水線突破隊」の出来上がり。
もう濡れるのは怖くないのだ。


滝登りが楽しい

滝はほとんどが直登でき、�~�級程度の岩登り。
核心は2段12mの上段。
瀑心突破にトライするも上段、落ち口が水圧とスラブで難しい。
あえなく、お助け紐のお世話になる。
ちなみに右壁スラブが登れる。(�級)

ワサビ田を見ると沢は蛇行し、釜を連ねる。
第二のゴルジュだ。
ここまでくれば目的地の「半円の滝」まであとわずか。
ということで、竿など出してみる。

第二ゴルジュは概ね容易で水線を詰上げる。
「半円の滝」は見ればすぐそれとわかる。「なるほど、半円だねぇ」などと関心。
たしかに、天然のウォ-タ-スライダ-である。
両足を突っ張りペタペタ行けば困難はない。


半円の滝登攀

滝上をわずかで、丁度良い休憩地。
ここで遡行終了となる。

時間はまだ午前中。しかも昼間で充分な時間がある。
ということで、フリ-タイム。
焚火をする者、釣りに興じる者。思い思いの時間をすごす。
しかし、男子というのは、いくつになっても”水遊び””火遊び””狩猟行為”がことのほか好きなんだなぁと実感。
普段はいい大人揃いなんだけどなぁ。(笑)

肴汁などいただけば、そのぬくもりにホッと一息。
下山は30分ほど。
あっという間の沢旅にも、泳ぎ、滝登り、釣り、焚火。
午前中でコレだけてんこ盛り。これで一杯あれば言うことなしかなぁ。

sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南会津 | トップ | 聖岳~上河内岳~光岳縦走 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。