acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

浅間山

2011年03月04日 22時23分35秒 | 山行速報(ハイキング)
浅間山


浅間山を望む

この山を一言で表現するならば、「存在感」だろう。
古から現在まで活動を続ける世界有数の活火山。

重座する山容、植生の絶えた山肌、赤茶けたシルエット、そして火口から上がる噴煙。
そのどれもが容易に他を寄せ付けない。
浅間山という評判はもとより、上信の重鎮たる存在感は他を圧倒する。
四阿山から見るそれも同様で、「次はあそこしかない」とひそかに誓ったのだ。


単調な登りを行く

軽井沢から峰の茶屋に上がり、浅間山を目指す。
メンバ-は新入会のIさん、東京のAさん夫妻、sak。
山容は重然としつつも、単調な登りに辟易とする場面も。
折からの強風や昨夜の積雪、クラストした雪面が単調な中にも彩りを加える。


風に乗るIさん


頂を望む

風が強く、行く先を望めば、雲が絶え間なく流れている。
と思ったら、それは噴煙だった。
遠望すればほんのわずかに見える噴煙もここまで来ると膨大なものだ。


火口を覗く

その白煙に火口の大部分はベ-ルを脱ぐことはなかったが、その底知れぬ地球の営みにただただ、畏怖。
浅間の白眉はここにある。強く確信した。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四阿山 | トップ | 那須、朝日岳東南稜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。