acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

奥只見・袖沢北沢

2013年10月04日 23時13分53秒 | 山行速報(沢)
2013/10/2-3 奥只見・袖沢北沢

誰にでもあると思う。
なんとなく、思い巡らすこと。

悲願とか、待望とかそういうことでなく。
例えていうなら・・・。

というのがこのたびの山行。
奥只見から、南会津・丸山岳を目指す。

新潟の天気予報は生憎<晴-雨-曇>
中日の天気がどれ程かによるが降水量は多くない予報。
「雨なら戻ればいいじゃん」計画撤退に躊躇はないから、ここはGO。
レッツトライだ。

南会津に興味を持ちはじめた頃から気になっていたことがあった。
それは、白戸川への尾根越えル-ト、袖沢乗越。
日本登山大系の記録を読むにつれ、想像ばかりが広がった。

想像の世界をこの目で確かめる。
誰にでもあると思う。
そういう思いを巡らすこと。

前夜、シルバ-ラインを潜り抜け、奥只見湖へ。
広大な観光用の駐車場は深い霧に覆われている。
まずは第一関門となるであろう袖沢林道入口を探す。

確かにわかりにくいが、丹念に探せば見つかるだろう。
それ以上に「この先は関係者以外立入を禁ずる」旨の看板と厳重なゲ-トと柵、これが目印。
しかし、これはちょっと入れないかも・・・。
と心配しつつ就寝。

で、翌朝。
獣道(?)を拾って袖沢林道に入る。
途中、工事管理車両と遭遇したが、咎められるようなことはなかった。



あとは林道をボトボト歩き。
奥只見ダムを見上げ、トンネルをくぐると一気に山の雰囲気。
崩壊した林道も徒歩なら問題ない。



橋の崩壊した南沢を越え、袖沢乗越へ続く仕入沢を確認する。
思い描いたそれよりはだいぶ小さな流れだが、コルへの距離は相当ある。



そこからわずかで北沢が出合う。
袖沢に比べて、小さな流れ。
まあ、袖沢本流の流域面積からすれば、比較するレベルが違うか。

河原で装備を付け、出発。
幸い青空が広がる。できるだけ保ってくれればありがたいが・・・。

しばらくは、平凡な河原歩き。
最初のゴルジュが出てきて、腰まで浸かるが、おおむね容易なヘツリで突破できる。



前半の核心、15m3段滝。
左のルンゼを登るという表記もあるが、グズグズで行く気がしない。
手前、右岸を巻くが、ここも決して侮れない。





泥のルンゼを少し登る。ちょっと信頼置けない草だらけ。
次第に立ってきて、小滝状に当たるところで右上。
この右上も足元が悪く、灌木に手が届くまでは緊張を強いられる。

灌木帯へ入れば一安心。
踏み跡を拾って滝上へ至る。

そこからは容易な滝をいくつかこなしていく。
チラホラと幕場適地を見るようになると、3条5m滝。

水流右を容易に登って、幕場を探しながら行く。
1080mあたりの右岸に増水にも耐えうる砂地一畳を見出し、幕とする。
そのころから空は曇り、小雨が落ちてきた。

あとは気晴らしに上流へ行ってみたりしつつ。
この南会津の山懐に抱かれて、それはもう堪能致しました。

残念ながら、それからも霧雨時々小雨の空模様。
焚火は勿論お預けだ。
さらに軽量化のツケでツエルトでは雨が内部に侵入し不快。
食事をとったらシュラフカバ-にくるまってラジオを聴きながら寝るしかない。

どうやら、明日は寒冷前線通過で日本海側から寒気が入るとのこと。
あ-----。
しとしと・・・っと。冷たい雨かあ。
今だって寒いのに・・・。

明日は撤退だろな---。
3段15mの下りがちょっと厄介だな---。
と思いながらいつしか就寝。

夜半何度か、ぽつぽつ来たがそれほどの降りはない。
とはいえ、ツエルトから顔を出して沢の状況を見定めるまではドキドキもの。
目印の石はそのまんま。水量は昨日と変わらない。
しかし、パラパラと小雨。

躊躇なく撤退。
それでも充分、堪能した。そんな思いだ。

時に昨日の足跡と出逢いながら、下降。
3段15mは巻き路を一旦登って灌木帯から懸垂下降。
ゴルジュ帯も昨日の再現とばかりにヘツリ下る。
袖沢と出合い、それを渡ればこの山行もあとはエピロ-グ。

高度を下げると雨も次第に少なくなってきたが、相変わらず上部は厚い雲に覆われている。
丸山岳には2度立った時がある。
残雪の朝日-駒縦走、夏の大幽東ノ沢から。



3度目ならず、改めてこの山域の深さを痛感する。
だからこそ、この山々に惹かれるものがあるのだろう。

すでに木々は彩づきはじめ、幾分強い秋風に落葉がはじまっていた。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西上州の薮・岩山の旅 | トップ | 北海道遠征 利尻岳 1~2日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。