acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

西上州・碧岩北稜

2011年04月25日 01時58分59秒 | 山行速報(アルパイン)
西上州・碧岩北稜

そうして季節は春を迎えた。
昨年末の記憶が蘇る。
同じように西上州・碧岩の北稜を目指したが、前日の降雪で南稜を行くことにした。


碧岩・右のスカイラインが北稜

こだわりはあくまで、北稜。
クライマ-ならば、まぁ、そうなるのは必然だ。
メンバ-は前回同様、ACC-J東京のAさん夫妻、sakの3名。


北稜への登路

前回取り違えた北稜までの登路は、碧岩に詳しいガストンさんにご教授いただいた。
三段の滝を目前にした鉄ハシゴ手前、右岸の沢筋を行く。
この沢の左側には大きな岩稜が横たわる。
沢床には大量の落ち葉が堆積し、さながら落ち葉ラッセルである。


落ち葉ラッセル後に左の支沢を望む


ふと振り返ると、前回遠望した岩峰が見える。
あれが碧岩かと思っていたが、そうでなかったことが判明。
地理的、方角的、山容など、釈然としなかった理由が解明する。



薮岩場

しばらく行くと沢筋は二俣。左は支沢で平凡、本流の右は水流のない滝場が見える。
ここは左へ。尾根への急登で一汗。
尾根上は歩きやすいが、すぐに薮岩場に突き当たる。
困難はないものの、岩は濡れていて苔も多い。念のためロ-プを出し、慎重を期す。
しばらく薮尾根を行くと、再び薮岩場。苔むす岩はクライミングというよりは沢登の範疇。
それを越えてひと登りで休憩に丁度いい台地。そして行く先に現れる北稜の白眉。


北稜


北西壁

左は北東壁、右は北西壁。どちらも垂直に切れ落ちる。
ガストンさんが初登した北西壁は、そう登れるものではない。
北東壁と北西壁の狭間、わずかに残された直上リッジが北稜である。
薮の中にも所々岩場が見える。
両側の切れ落ち具合に加えて、急角度。3人ともしばし圧倒され「え-っ」とか「はぁ-っ」などと感嘆の溜息。
核心は下段と上段にある2箇所の岩場。想像以上の角度で突き上げるそれに、正直告白すると行くのをためらった。
しかし、ここで引き下がるわけには参りますまい。

両側切れ落ちた細い尾根を四つん這いで行く。途中に2箇所、中木が行く手を阻んで緊張する。
20mほどで下の岩場基部に着く。ここからロ-プを出しての登攀だ。


下の岩場

下の岩場は一見10m弱。フェイス直上。
一歩あがって残置支点を発見するが、グラグラですぐに抜けた。
岩が脆くどうにもならない。
態勢を立て直そうと一歩退くと左手のガバがボロリと剥がれた。
油断はできない。
気を入れ直し右カンテ状の小さな立木を繋いで地味に高度を稼ぐ。
途中、脆い岩を見極めながら登攀が続く。
時に信用できそうもない薮を掴んで誤魔化しながら、立ち込むスタンスはもはや神頼み。
薮以外に支点はなく、途中苦しい場面で念のため持ってきたカムが効いた。
次第に薮が濃くなってくると、下の岩場は終了。上の岩場手前の立木でビレイ。ここまで25mほど。


上の岩場

上の岩場が核心部。カンテ状。
下の岩場のように薮はなくすっきりして、岩もそこそこ安定。
カンテ左を直上するとハ-ケンがあるが、ここまで7mランナウト。
支点が効いているのを確認してロ-プを掛けてひと心地。

そこから左に少しトラバ-ス。
このあたりからまたも岩質が怪しくなってくる。
よくよく確認しないと前兆もなくボロっと剥げる。
ハ-ケンを打ったものの、余り効いていないのが音でわかる。でも無いよりはいい。
信頼できる薮もなく、グズグズの小枝や草を鷲掴みで誤魔化し体重を掛けて行く。
「南無さん、頼むゼ-っ」と何度心の中で叫んだか。このあたりが一番苦しかった。
一段上がって、上の岩場最上部は手掛かりも多く正面突破。
ここまで25mほど。しかし取れる支点は少ない。
核心を抜けて薮に出たときには心底ホッとした。

大岩の右をかすめるようにすり抜けて上へ上へと35mほどで碧岩山頂。
フォロ-を迎え、三人揃ってひと安心。なんだか気が抜けて笑ってしまった。


山頂でひと心地

正直なところ、北稜を甘く見積もっていた感は否めない。
登攀グレ-ドはⅣ級くらいだろうが、非常に悪い。
悪さ、困難さは登攀グレ-ドをはるかに凌いだ。
決して安易に取り付くものではない。

しかし、アルパインというのは本来こういうものなのだろうと思い至る。
快適さを補うに余りある充実感がそれを物語っているかのように。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西上州・碧岩北西壁 | トップ | 筑波山の風景<19> ブナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。