アロハなひととき

気になる印刷ショップの社長のアロハな日々。

銚子→酒田ライド

2017-05-16 07:05:29 | 自転車
連休は、自転車で山形県の酒田を目指した。
今回はずっとやりたかったテント泊のツアーだ。
そのために大型のサドルバックを購入した。


①は雑誌「バイシクルクラブ」のおまけのフロントバックで、輪行バックをいれてある。
②にテントと着替え、靴 ③は寝袋とマット

茨城を北上して矢祭町を目指す。


だいたい180k走ったぐらいか 棚倉通過中に城跡公園の看板をみて、ここに泊まることにした。
すいません。無許可ですが夕暮れ時にテント張らせてもらいました。


街中であることに気づき、飲みに出かけた。
通りのオジサンが教えてくれた路地の「旅路」という店に入る。

おばちゃんが、焼き鳥とどじょうを出してくれる。


50年やってるそうだ。他に客がこないので、おばちゃんといろんな話になった。
いい酒だった。


城跡公園がライトアップされていた。テントにもどって爆睡。

翌朝



郡山から福島をぬけて七ヶ宿街道の峠に入る


この峠がきつくて、テクテク歩きました。
やっと山形県に入ったのだが、めざす上山温泉は遠かった。

夕暮れ時に上山温泉に到着。街の温泉に直行した。


入浴料150円 洗髪料100円という安さ。さらに番台のおばちゃんが冷えた麦茶をサービスしてくれた。

その晩は、野菜炒めのようなチンジャオロースとビールを食す。


三日目の気持ちよい朝。


早朝の散歩の人としばし歓談。

後ろは上山城。

山形市街をぬけて、バイパスから奥羽街道を北上。

朝日連峰がみえる。

月山から鶴岡に抜ける山越えルートではなく、新庄から最上川沿いのルートで酒田を目指した。

天童市の旧市役所


薪ストーブの煙突がでている素敵な家。家の脇にはたくさんの薪が積まれていた。


最上川沿いの丘陵


蕎麦屋に寄った。



あと60kだ。だが足が回らないのだ。


きれいな鳥海山がみえた。
そして酒田に到着。
人口10万の街には何件かの大きなビジネスホテルがあり、
連休中でも泊まることができた。

四日目は雨。

おめあての土門拳記念館へいく。




本間家旧居宅を拝観。町の発展に尽くしたことで、ここでは本間家のことを「ほんまさま」と
今でも市民が語っているようだ。

直感が働いて入ったフレンドという喫茶店。
アットホームな雰囲気で、オススメの山菜定食がうまかった。
店の中で「猫展」やってましたよ。

このあと輪行で、急行で新潟、新幹線で東京、そしてバスで帰ってきた。

東北を自転車で走るのは楽しいですよ。皆さん試して下さいな。

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイコパス

2017-04-22 08:29:26 | 日記
先だっての飲み会で、サイコパスについてウダウダと話になった。

ウィキペディアによれば反社会的人格の一種を意味する心理学用語だそうだ。
その定義は

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的


特長は

想像力が異常に旺盛で、空想を現実よりも優先する
一見才能があり博学で、地理・歴史・技術・医学など、何くれとなく通じていて話題が豊富であるが、よく調べるとその知識は他人の話からの寄せ集めである。

弁舌が淀みなく、当意即妙の応答がうまい
難解な外来語や人を驚かす言説を好んでなす。

人の心を操り、人気を集め、注目を浴びることに長けている
自己中心の空想に陶酔して、他人の批判を許さない。
自ら嘘をついて、いつのまにかその嘘を自分でも信じ込んでしまうのである。

これは、歴史上の人物やマスコミや身近に登場する人など
あれもこれも、そうではないのかなと話に盛り上がった。


さて、頭のおかしいのは負けません。

NHKでタイのモーラム音楽のレコードを現地調達する番組をみてから
タイ音楽に開眼してしまった。

ขาขาวสาวลำซิ่ง - หญิงลี [Official MV]


まったく歌詞は分からないのだが、何回も笑い転げてみている。

バックダンサーが素晴らしい。ダハハ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銚子市立西高の再生と銚子スポーツタウンの計画

2017-02-19 18:09:52 | 日記
先月 廃校になって6年になる西高のグランド整備と草刈りに参加した。





第3セクターで銚子スポーツタウンという会社を立ち上げ、

旧部室を改装して、宿泊施設にするなどスポーツ合宿所などに活用していく計画がスタートした。



雨漏りを放置してあった体育館も改修して利用する計画だ。

作業が終わり、体育館内部に入った。



床材は全て張り替えないと使用できなくなっていた。



体育館は2階建で、これは階下の剣道場。





他に柔道場と、ここは卓球などに使用していたと思われるフロア。立派な体育館だ。放置されていたのが悔やまれる。


外の部室棟に野球部のパネルがあった。



西高野球部のユニフォームは縦シマで胸に「CHOSHI NISHI」が入っていた。




この計画を聞いてからこの本を読んだ。



西高野球部OBが、スポーツライターに依頼して出版したとあるが、地元の話以上の内容がある素晴らしい本だった。

創設から初戦敗退を続けていた西高が、5年目にいきなり甲子園出場を果たしてしまう。

銚子の高校野球が全国レベルであった頃、矢部監督と選手達は切磋琢磨して猛練習を重ねて

その後も毎年、甲子園出場に挑む高い実力を持っていたようだ。

この本は濃密な高校野球の体験した球児達のその後の生き方にも、取材している。


野球グランドを見ていると、選手達の汗がしみこんでいるように感じた。

西高を銚子スポーツタウンプロジェクトの拠点として再生していければと

願わざるをえない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乗鞍高原で正月

2017-01-09 11:47:51 | 登山
新年が始まってますが今年はどうでしょうか?

正月を雪山で迎えようと乗鞍に行きました。



天気はいいのだが、山頂付近に雪煙が見える。かなりの風が吹いてるようだ。

そして寒い。善五郎の滝も凍っている。



翌日はスキー場から登っていった。リフトにも乗れるので時間の短縮ができる。





バックカントリーのスキーやスノボの人たちが大半で、私のようにスノーシューやワカンで登る方が少ない。





稜線は風が強いので、位ヶ原小屋泊まりと決め、右に歩いて行った。



しかし、ここで小屋までの赤布マークをはずれ、地図読みを間違えて小屋と反対に行ってしまった。トホホ





小屋は現れないし、風はつよくなってトレースがなくなってきた。あれっおかしいぞ?

他のルートから現れた先行者に聞いて、逆に来てしまったことに気づく。

雪の乗鞍スカイラインを逆にたどって小屋に到着。地図読みのスキルが課題だね。

小屋の宿泊者は20名ぐらい。皆、山好きの濃い人ばかりのようだった。休憩室にはこたつもあって快適な小屋でした。



翌朝 元旦 今年初めての食事。おとそ付きだ。



この日は用事もあるので早々に下山。



下山中に見た初日の出






雪山で今年のやるべきことなど考えていた。キーワードを「夢」と決めた。

まあ今年もがんばりましょう。

ユメ→ユーメイ→ドリーム となればこの曲でしょう。

シーナ&ロケット ユーメイドリーム



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクルジャージ作成進行中

2016-12-21 07:22:46 | 自転車
今年もいよいよとなってきた。

世の中のニュースは暗い。

シリア、「テロ」事件、年金カット、オスプレイ墜落、辺野古裁判など、国内の殺人事件は毎日のニュースとなっている。

今年の暮れは、気持ちに重い物があるが負けないでがんばりましょう。


昨日、山口氏より電話があり、ちょっと行ってみると



ジャーン 買っちゃたんですね。

薪ストーブ型のピザ釜のオーブンでした。本体は断熱材でくるまれているようで

触っても安全になっている。下にはキャスターがついていて移動できる。



焼きたてピザは実にうまい。火加減にコツが必要だが、オーブンとしていろいろなことができそうだ。

これでどんどん宴会やりましょう。

とりあえずは26日にやるそうです。



来年6月4日開催が決まった「第2回 犬吠埼エンデユーロ」に向けて

PRも兼ねるサイクルジャージを作ろうということになり、

デザインやってみました。





銚子の万祝をイメージして波をいれてみました。

波のイメージなど、N.Tさんにいろいろ考えてもらいました。

現在、オーダーサイクルジャージのバレットさんに、検討してもらっています。

完成するとこれを着て、いろいろと出かけることになりそうだ。

また、販売もしますので一緒に来たい方はお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加