鉄道旅行、鉄道車両の魅力など交えちまちま傍若無人に書いております!




★ Geroの「ちまブログ」 ★



 能勢電鉄の旅、第5回目です。妙見線の笹部駅で下車し、鳥瞰撮影に挑みました。

 駅から徒歩で10分ほど歩き1つ目のポイントで望遠で撮影しました。低速でカーブを曲がる5100系です。


5100系4連


 木と架線柱に阻まれなかなか厳しいです。

 続いてさらに5分ほど歩いて笹部~光風台のほぼ中間地点に位置ずる住宅地の高台から撮影しました。これまた木々が茂っているので4両まるまるは入りませんが遠方の山々も入ってマルーンの車両が引き立ちます。


5100系4連


 前回報告したブルーとホワイトの復刻塗装車2連も交互に運転してます。


5100系2連


 1700系です。
 急なカーブが連続しているので低速で走行します。カーブを曲がる際のキーという大きな音が谷間に反響してました。


1700系



5100系4連


 日本の里山を大事にしながら電車が走る風景が能勢にはあります。
 上下何本間撮影して引き上げました。次は妙見線終点の妙見口を目指します。


今日も貴方様のご訪問に感謝。
恐れ入りますがバナークリックにご協力を☆

↓ 鉄道写真バナー
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↓ その他のカテゴリです

クリックプリーズ ↓

にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


blogram投票ボタン




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 能勢電鉄5100... 87系瑞風試運... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (YANチョ)
2017-05-20 07:19:42
お早う御座います。

新緑と短編成のマルーン車両の取り合わせは
本家阪急では考えられないシチュエーションですね。
嘗ての名車に会えるのも能勢電の魅力の1つです。
 
 
 
Unknown (Gero)
2017-05-20 10:58:15
YANチョ様

おはようございます。阪急時代には経験したことがない里山の中を走れるので、恵まれた車両達ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。