大人のバレエ~不思議な魔法 & Something Good

大人になってバレエを始める方、始められた方に。
なにか、参考になれば幸いです。

トゥシューズの履き方

2007-10-29 15:20:25 | バレエ大人
一般的なトゥシューズの履き方を写真でご紹介します。

トゥシューズを履く時は、足の角度を直角くらいにして履きます。
足の甲を出して履くと、ア・テール(かかとがついた状態)の時、リボンがかなりゆるむと思います。

リボンは、引っ張りながら、足首に巻いていきます。
甲の交差は、リボンの縫い目が引っ張られているくらいでも、履いているうちに馴染んで、ゆるんできます。
足首はきつく巻きすぎると、よくありませんが、少しきつめくらいを目安に、調節されるといいかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひさびさに湯船につかりました。 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (peanyan)
2010-11-30 18:51:49
大人のレッスンで、ストレッチの後にトウシューズを履くのが私だけなので、いつも遅れがちになってあせります。(他の方は、ストレッチの時からバレエシューズをはいていて、そのままバーレッスンをしています。)

4の写真を見ると、リボンは固結びのように見えるんですが・・・

私は足首の前でリボン結びにして、リボン結びや端をしまうのに苦労してます。後でゆるんできたり、隠したつもりが出てきたり(T・T)それに、りぼん結びにすると、隠した部分がふくれてかっこ悪い・・・

海外のバレエ団のポスターを見ると、足首の内側か、後で結んでいるように思うんですが・・・

でも、帰るときは車で送ってもらうことも多く、固結びにしたらまたはずすのに時間がかかるかも・・・と思ってしたことがありません。端をテープでとめるだけ、という方法もあるらしいんですけど・・・

やはり固結びのほうが確実なんでしょうか?
初歩的な質問で失礼いたしました。
peanyanさんへ (acbe)
2010-12-04 13:53:32
私も、トウシューズは、リボン結びしています。
結び目を隠してしまえば、解ける心配もないですし、解けたこともありません。
後、薄手のリボンが好きなので、私の場合は、あまりリボンの中に隠した時、気にならないのかもしれません。
一番好きだったのは、カペジオのリボンでしたが、すごい値上がりして諦め、その後はフリードを使っていました。
ただ、正しい結び方は、正直わかりません。
私も、peanyanさんと同じで、固結びにしたら脱ぐ時ほどくのに大変かも、と思い、あえて先生に確認していませんでした。

リボンを入れにくい場合は、2周目を少しだけ緩めにして、2周目のところに入れるといいかもしれません。

履いているうちにリボンが緩むのは、原因はわかりませんが、私も緩むので悩んだことがあります。
ただ、プロの方も、緩んでいる方がたくさんいたので、そういうものと割り切りました。
緩まないという方もいるので、そういう方は、シューズがシンデレラシューズだとか、いろいろな要素が足にあっているのかな、と思いました。
リボンに途中ゴムが入っているタイプのものも売っていますが、私も使ってみましたが、すぐに伸びてしまい、個人的にはあまりお勧めしません。


写真が悪くて申し訳ありませんが、写真も内くるぶしで結んでいます。
日本は、通常、内くるぶし側に結び目を持ってくるように教わるのではないかと思います。
後ろは知りませんが、ロシアのレッスンDVDを見た時、外くるぶしに結ぶように指導していました。
その時の先生の説明は「バレエは、アン・ドゥオール(ターンアウト・外旋)が基本だから、外くるぶしが一番結び目が見えない位置」ということでした。
ありがとうございました。 (peanyan)
2010-12-07 17:57:39
ご親切かつご丁寧なコメントありがとうございます。いろいろ自分でも試してみることにしますね。(^^)
「一方のリボンを足首の周りで一周させてから反対側を一周させる」ということがわかっただけでも、とってもためになりました!

今までは両手でリボンをもち、甲(前)でクロスさせて、半周して後ろで(両手で、)クロスさせて・・・と繰り返していたため、リボンが半周ごとにクロスしてしまい、結び目を隠すためにリボンを引き出すだけでも苦労していたので・・・

それから、「足を脚に対して直角にして結ぶ」と言うのも、目からうろこでした。

なんとなく、トウで立つんだからとポアントした状態ではいていたせいで、アテールにした時、ゆるんでしまい、「???」・・・教えていただいたようにやったら、ゆるみにくくて、とってもいい感じです。(^^)
 ・・・余談ですが、専門的には、足首から下の部分を「足」と表現するのが一般的です。もっと余談ですが、手首から先を「手」と表現するのが一般的です。

「リボンのつけ方」の欄でも、リボンを「火であぶる」というのは以外でした!
ただ、今はいているポアントは、ミシンでシューズに縫いつけている部分のリボンがほつれているので、ほどいたら自分でちゃんと縫い付けられるか心配・・・(T・T)
バレエは続けるつもりなので、あと一足買ってから古いほうを直そうかなあ、と思っています。

大昔(小学生の頃)、よく子供の雑誌でバレエの特集を組んでいました。習い事のなかで一番絵にしやすいんでしょうね。自分と同世代の女の子(!)はみんなバレエを刷り込まれているのかもしれません。(40代後半になってバレエを習うなんて、夢にも思いませんでした。)

その頃、「トウシューズはリボンが前(甲)でクロスしているからこそ魅力がある。」とコメントしている人がいて、その通りだと思ったおぼえがあります。

たかがリボン、されどリボン・・・オトコにはわからない楽しみのため、どSの先生や他の生徒さんたちと楽しくレッスンを重ねています。acbeさんの先生と違って、「ポアントはいてはいて~」と言ってくださいます。おかげで「ストレッチのおまけのバレエ」でポアントまではかせてもらい、「バレエに出会えてよかった」!

acbeさんはポアント禁止でおつらいでしょうね。
くさらずレッスンされているとのこと、えらいなあ・・・でも、きっと先生はacbeさんがそういう根性の持ち主だとわかっていて敢えて禁止なさっているのでは?

私はバレエは「できなくて当たり前」なので、何か少しでもできるとうれしくてたまらないのですが、生活や仕事ではとにかく挫折の連続です。今でも・・・(T・T)
でも、acbeさんの状態は、「跳ぶ前にはしゃがむ」と自分に言い聞かせているのと似ています。大きい飛躍の前には、体を縮めなくてはなりません!
古い話ですが・・・山岸涼子のバレエ漫画「アラベスク」の主人公ノンナが、恩師ユーリ・ミロノフからトウシューズを取り上げられるシーンを髣髴とさせます・・・(^^)

たった30分のレッスンでもポアントをあげたままでいられない私ですが、これからもがんばっていきます。ブログも少しずつ拝見させていただきま~す。





これから
すみませ~ん (peanyan)
2010-12-07 18:09:33
さきほどのコメントの最後に、「これから」って尻切れトンボになっていました。余分なのを消し忘れてはいっていただけです~
意味はありません。

シンデレラシューズ・・・足の悩みはつきないのですが(太いとか短いとかは、もうしょうがないとあるていど割り切ってます)、いつか出会えたらいいですね。
peanyanさんへ (acbe)
2010-12-11 10:34:34
お返事遅くなって申し訳ありません。
バレエの先生には、聞くことが多すぎて、聞きにくいな、と思ってしまうこともありますよね。
詳しくはありませんが、よかったら、素朴な疑問など、コメントしてください。
私がわからなくても、助けてくださる方もいますから。

私も、また、トウシューズの許可をもらえるように、がんばります。
固結びの解き方 (haaru)
2010-12-12 15:10:23
はじめまして。

固結びの解き方、参考になればと思います。
文字だけで分かってもらえるか少し心配ですが…。

本結びに限ります。

結んで、左右に開いたリボンの片方の端を、反対側にピッと強く引いて倒します。結び目をつまんで倒した方へ引くと抜けます。

試してみて下さい。
haaruさんへ (acbe)
2010-12-14 19:05:37
はじめまして!
コメントありがとうございます!

さっそくやってみました。
多分、haaruさんの言うとおりではない気もしましたが、ただ、確かに結び目がほどきやすくなりました。
これで、固結びでもイケます。
トウシューズの再許可がおりたら、リボンも入れやすいので、固結びにしてみます。
図にしてみました (haaru)
2010-12-15 14:06:03
acbe様
ほどけやすくなって良かったです。

図での説明を試みました。
分かるでしょうか?

本結びにすると、結び目を境にして
右側のリボンは右側に
左側のリボンは左側になります。

  ①____   _____②
 ①______>○<_______② 


①の端を強く②の方へ引っ張り、倒すと

   ① ①
一一一○===--②      
  |
②|

①のリボンは一直線に伸びるようになります。

結び目を軽くつまんで①の端の方に引いていくと、①の端が抜けてほどけます。


私は40才半ばから始めた大人のバレエで、日々悪戦苦闘!
こちらのブログに何かと助けていただいています。
    **感謝しています**


Unknown (haaru)
2010-12-15 14:12:09

 ①     ①
一一一○===---②
    |
|
②|
ごめんなさい (haaru)
2010-12-15 14:17:29
2番目の図書き直したのですが途中で投稿してしまいました。

①     ①
一一一○===----②
   |
|
②|

このようにしたかったのです。ごめんなさい。

再度ごめんなさい (haaru)
2010-12-15 14:25:21
送ると②の端の方のリボン(のつもりの棒線)がずれてしまいます。
見苦しいですがご理解ください。
やってみました! (peanyan)
2010-12-18 14:11:00
haaruさん、ご親切に教えてくださって、ありがとうございます!
この方法は、 ビニールひもなど、すべりやすい材質のものではしていたので、やり方はすぐにわかりました。
夕べレッスンのとき試してみたら、わりとスムーズにほどくことができ、うれしかったです。リボンもしまいやすくて、なんだかバレエも上手になったような気がします。(^^)
これで、ポアントをはくときの最初のギモンはなくなりました!ひとつずつ「できる」をふやしていくことがバレエを続けていく楽しみです。
私は初心者なので、「伸びしろ」が無限にあるんだと思っています。これからもいろいろなことを吸収していきたいです。それでは失礼します。
haaruさんへ (acbe)
2010-12-19 09:59:05
お返事遅くなって、申し訳ありませんでした!
わかりやすいコメントを再投稿くださって、本当にありがとうございます!
peanyanさんも疑問が解決したし、私も固結びでいけそうで、私の方こそ、感謝です!
一応、図にしていただいたのをもとに、写真にとって記事にしてみました。
なにかあれば、ご指摘ください。
よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。