気侭に

その時々で気の向くままに

滄源の市場 (中国雲南省)

2017年05月14日 | 雲南省

ミャンマーと国境を面しているワ族の住む滄源は、中国時間なので日本と時差が1時間ですが、すぐ隣のミャンマーの時差は日本とは2時間半。つまりたった数キロしか離れていなくても1時間半の違いがあります。ですから、滄源では真夏でも7時を過ぎないと明るくなってきません。

でも、市場では日の出前から照明すらない暗い中で野菜や肉などを運んできて準備を始めています。

市場の入り口

 

本来市場は奥に見える青いカマボコ屋根の建物ですが、農民達の持ち込む品物があまりに多く、市場前広場全ても市場の一部となっています。

 

日用品雑貨もここで売られています

 

大きなジャックフルーツ

 

バナナやキノコや豆類

 

そしてペットもここで、ではなく、このウサギさんたちも胃袋に入っていく運命です。

 

ハトも食材です

 

寛いでいるアヒルたち、ではなく、足を縛られて、買い手が来るまでの運命です。

 

そしてアヒルの子たちも・・・

 

 

 

豚はさすがにここへ来る前に天国へ行ってもらい、ここではお客の好みによって解体販売をしています。

 

一見、日本の豆腐と同じに見えますが、こちらの豆腐は硬いです。

製法も、軟水の日本ではにがりを使う必要がありますが、硬水のこちらではそのまま固まらせたり、石灰を使ったりとその土地の環境によって作り方が違うようです。

 

 

滄源にあるワ族の村 (中国雲南省)

ネットで拾った面白い小話-4

 双江の小数民族の暮し(中国雲南省)ー1

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滄源にあるワ族の村 (中国... | トップ | ネットで拾った面白い小話-4 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL