気侭に

その時々で気の向くままに

雲南の蕎麦

2017年07月17日 | グルメ

先日雲南省を訪れた際に蕎麦米(蕎麦の実)を買ってきました。
野生の蕎麦を栽培するようになって起源は雲南省で、それが日本へも伝わり、今では日本を代表する食べ物のように思われています。
雲南省は今でも蕎麦の栽培が盛んに行われていて、日本へも多く輸出されています。
雲南省では蕎麦を麵にして食べるよりクレープ状にして食べるのが一般的ですが、私はやはり麵として食べる方が好みです。


蕎麦粉は石臼で粉にする方が良いに決まっていますが、それを保管するスペースがないので電動ミルを使って粉にしました。


蕎麦打ちに必要な一式。
蕎麦粉とのし棒、包丁と水と打ち粉。


二人前の蕎麦粉に真水を加え、手早く粘りが出るまでこねます。


それをのし棒で広げて切るだけ。


たっぷりと熱湯の入った鍋に入れ、さっと上げて冷水に通せば出来上がり。


 

 

絞り染めの周城村(中国雲南省大理市)

風陽邑村の尼寺(中国雲南省大理市)

手作りピザ



『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風陽邑村の尼寺(中国雲南省... | トップ | 絞り染めの周城村(中国雲南... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL