Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

17cmフローティングマウント・アダプター新発売!

2016年07月28日 | 製品紹介

 

(写真↓ DCU-171PPのセット例)

お問い合わせの皆様、お待たせしまして申し訳ありませんでした! これにて8~17cm迄、やっとフルラインナップ出来ました。(^^

→ 17cm用フローティングマウント・アダプター詳細はこちらから

勿論アルニコタイプ(L11標準フレーム)にも対応しております。残りの宿題はL11切削フレームタイプ用になります。9月頃に受注開始出来ます様にがんばりますので、しばしお待ち下さい。

(写真↓ マウント中の様子)

フローティングマウント+デッドマスの効果の大きさについては何度も書きましたが、音離れの良さ以外に、マッシヴ&マッスルな低音感の良さも特長ですので、しつこくもう一度書いておきますね。(^^

例えば、応用製品であるIllusionist-8(8cmウーファ!)でさえ、JBLのエベレスト(38cmウーファ2発!)と鳴き合わせしても互角の量感が出ます。(違いは音量の限度とローエンドの深さ)

(写真↓ マウント位置まで押し込んだ状態)

従来、大口径でないと低音が出ないと言うのが常識でしたが、これは従来型スピーカーに根本的問題(振動系の反力の処理方法)があったからです。いわゆる低音フェチでない限りは、Illusionist-8で充分な低音が楽しめます。(オーケストラのコントラバスでもジャズのベースでも)

あとは、必要な音量やダイナミックレンジに応じてサイズが大きくなると言うのが、当社の完成品スピーカーシステムでの基本スタンスとなります。但し価格も高価になる分付加価値もしっかり付けるのが信条ですので、より厳しい評価基準の方々にもご満足いただける様に、歪感の低減やスケール感、応答感の向上、ローエンドの深さを向上しています。

(写真↓ キャップフランジを装着して完了)

とは言っても、常識的な大音量(?)や低音の深さを考えても、13cmウーファーで充分だと思います。なので、17cmのフローティングマウント+デッドマスは、家庭用としてはこれ以上の必要性は無いというダメ押しレベルと言ってもよろしいかと思います。

17cmでバッフルステップ補正やバスレフ方式と組み合わせれば、30Hz位までほぼフラットに出せますので、バスドラでもオルガンでも何でもいらっしゃい!というところですね。

(写真↓ 凄いオシリ!)

★ バッフルステップ補正回路は音が悪くなる? → いいえ、悪くならないノウハウはあります。

★ バスレフの篭り音が嫌い? → 実はバスレフ方式が原因ではないのです。(これはまた別の話題で)

それでは、今日はこの辺で・・・

 

 

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17cmフローティングマウント... | トップ | プチ・ファクトリーツアー5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライン完成 おめでとうございます。 (pal)
2016-07-28 17:21:56
断面図と、パーツの写真から、意図するシステムが、了解できました。キャビネットには頼らない、SPの実力をそのまま剥き出しにする、恐ろしいシステムかと思います。問題があるとすれば、それだけ曖昧さを許容しない、ソースが入手できるのか、心配になります。再生機器のレベルも、かなりの実力がなければ、恐らく、バランスがとれなくなると思います。アンプも、プレーヤーも、音楽信号を余裕を持って、送り出す必要があります。レースカーを最高のコンディションにもってゆく、メカニックみたいですね〜(^O^) そこに喜びを求めるのですが。PS 中古で、アッシャーの大型SPと、ダイヤトーンの2000 を入手しました。
昔のSPは、丁寧に作られていたものだと、改めて感じております。(°_°)
実はその反対なのです(^^ (Mr. Hippo)
2016-07-28 21:08:01
pal様今晩は。

はい、重要な突っ込み大変ありがとうございます!(本当に)

高性能なレースカー=神経質で難しい、という印象はたしかにありますね。ところが、今までの10倍の馬力のエンジンと、絶対に滑らない魔法のタイヤがあったら、素人が運転しても勝てますよ、きっと。(^^ この様に言うと凄そうな感じがしますが、フローティングマウント・アダプターでは、もう少し違う事情もあります。

基本性能が上がったというよりも、酷過ぎる付帯ノイズを除去する事で、本来の普通の音が聴きとれるようになったにすぎない、という言い方でも間違いではないのです。低音の厚みと馬力感といった素晴らしいオマケもありますが、基本的には、あくまでもナチュラルで無色透明な方向性になります。

なので、使い勝手は従来の常識ではあり得ない程「とんちゃくしなくて大丈夫」なのです。床置きOK、ぐらぐらの台でもへいちゃら、スピーカーコードは安いので平気・・・といった具合です。良いアンプやプレーヤを使う価値は勿論あるのですが、従来とは異次元と言っても良いくらい高いレベルからスタート出来るので、今までの苦労は何だったの? という感じがすると思います。

シャープでクリアーな音の再現が出来るかと思えば、SP盤の復刻盤など古い録音も心地良く聴けるという、従来両立しえなかった事も何事も無く出来る様になりました。

問題解決は目の付けどころが重要だと思います。付帯音の問題は、例えれば、誰もその存在を認識していない、汚れた(魑魅魍魎の死骸がプカプカしている)給水タンクの様な物でしょうか。飲み水が匂うので、蛇口に色々な濾過器を付けます。でも取りきれない。どんどん設備がエスカレートして、とうとう最後には半導体製造装置グレードのイオン交換樹脂を導入して許せるレベルに・・・ところが誰かが給水タンクの汚れに気が付いて掃除をします。すると何事も無かったかのように臭いの無い普通の水が出る様になる。今までの大袈裟な苦労はいったい何だったの?・・・といった具合。

※超純水はお腹をこわすので飲まないで下さい。あくまでもたとえ話と言う事で。(^^

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL