Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

Basicプロジェクト用Box

2017年04月28日 | 製品紹介

 

10cmユニット用のキャビネットの試作を始めました。Box材料はMDFのt18mmですが、バッフルのみt24mmになっています。これは、深いザグリ(写真↑)を入れるためです。

このBoxは組立てキットとして発売しますが、(ローコストで)シンプルなカット材を簡単確実に組み立てられる様に、いろいろ検討中です。これ(写真↑)は、接着剤塗布後にマスキングテープで固定するアイデアです。テープを1巻使ってしまうので、ちょっと勿体ない感じはしつつも、クランプ等の本格工具のない方でも気軽に出来る点では安上がりです。但し、隙間が開かない様に板材のカット精度には気を使わねばなりません。

フローティングマウントのために開口径が大きめなので、錯覚でコンパクトなBoxに見えますが、実際の容積は10Lあります。

開口の内側には補強桟が見えていますね。これは組立て時の位置決めや直角出しのための機能も兼ねています。

フローティングマウント・アダプターとバスレフダクトのフランジ(3Dプリンターによるモックアップ)を載せてみました。今回は出っ張りが大分少なくなっていますでしょ。(^^ その分はぶ厚い(t24mm)バッフルの中に隠れている事になります。ダクト開口も同じデザインで統一しています。この辺は私のこだわりです。モックアップには、後で黒のシボ仕上げの塗装をかけますので、大分落ち着いた感じになると思います。

いよいよ第7回PARCサウンド鑑賞会の日が近づいてきました。A&Cの出し物に間に合うのか、毎度の事ながら、ちょっと心配に・・・(^^;

 

ところでJupiter-13の製品化の方ですが、キャビネットは出来ました。いま製品版のウーファーを製作中なのですが、振動板製作用のプレス型を作り直したりしていて時間がかかっています。はやく音出しにこぎつけたいのですが、とにかく我慢して1ステップずつきっちりやっています。うーっ、ストレスがたまる~!・・・(^^;

 

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小野路やまいち無事終了 | トップ | Jupiter-13製品化-続き6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事