Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

アドオン・トゥイーターは邪道か?

2014年03月02日 | オーディオいろいろ

お尻を向けて失礼! 写真はアドオン・トゥイーター用の便利な外付けネットワークです。

さて、近々新製品の「アドオン・シリーズ」がラインナップされますので、今日はこれにちなんだお話をしてみたいと思います。

フルレンジ・スピーカーに関しては、様々な主義の方がおられますね。それで敢えて目を引くようなテーマ名にしてみました。(^^; けれども、「俺の主義にはあわん」という方に押し付けるつもりはありませんので、そんな時はスルーなさって下さいね。

さて、ここで言うアドオン・トゥイーターとは、フルレンジスピーカーの出にくい高音域を補うために、簡便なネットワークでトゥイーターを付け足す事です。本格の2wayシステムと違って、フルレンジスピーカーはスルー(ネットワークなし)接続になっています。

ところで、「フルレンジはフルレンジ単発で使わないと意味がない」と切って捨てる御仁もおられますね。私の場合は、出てくる音に対してはストイックに向き合いますが、方式論には拘りません。欲しい音を出してくれる素材であればフルレンジでもウーファーでも、アドオンでも何でも良いのです。勿論、サイズやコストの制約の中でどの様にまとめあげるか、という事はありますが。

また、「アドオン・トゥイーターを付けるくらいなら、本格の2wayにした方が良い」という方もおられるかと思います。しか~し、私はアドオンについては、もっと奥が深いと思いますね。

そこで・・・

<アドオン・トゥイーターの利点>

2wayと比べると、手軽でコストが安いという特長がありますね。しかし単に「フルレンジと本格2wayの中間のクォリティです」と言うのでは価値を低く見る方がいらしても仕方がないですね。ここで注目すべきは、シンプルさゆえの情報ロスの少なさです。一般的な自作2wayネットワークでは、音質劣化が問題になりやすい(※1)と思います。ところが、アドオンではフルレンジスピーカーはスルー(ネットワークがない)ですからね。澄んだ活きの良い再生音のためには無視できない要素だと思います。

※1. 一応言い訳しておきますが・・・当社のネットワーク・モジュール・システムは、情報ロスの除去を徹底した特別に高品位なものですので、別格という事にさせていただきます。無敵の矛と盾を売るお店では決してございませんので・・・(^^;

<アドオン・トゥイーターの成功条件>

アドオン・トゥイーターには、本格2wayとは異なる難しさがあります。前提条件として、クセの少ないフルレンジスピーカーが必須です。フルレンジスピーカーは、しばしば再生の苦手な高音域に強いアクセントを持たせる事でバランスをとっています。この場合は、トゥイーターを付け足そうとしても音が馴染みません。従って、すべてのフルレンジスピーカーでアドオン・トゥイーターがうまく行く訳ではありません。

さて、ここでPARC Audioのフルレンジスピーカーは、機種によって個性はありますが、基本的にナチュラルな音作りなので、ほとんどの機種でアドオン・トゥイーターとうまく繋がります。

後はネットワーク調整の腕前次第です。レベル調整用の抵抗器と、ローカット用のコンデンサーの無数の組み合わせを試して、最適なバランスに調整します。マイクロフォンでf特を測定して決めようとしても、フルレンジスピーカーの音色(個性)を含めた総合的なバランス調整が必要になるので、一筋縄には行きません。

これは結構骨の折れる作業ですし、抵抗器やコンデンサーを大量に用意して、トライアンドエラーでやらなければならなりません。正直なところ、趣味の自作としてはお勧めし難いです。まぁ、この辺が当社の完成品のセールスポイントという事にもなりますが。

また、抵抗器での音質劣化も無視できませんので、使いこなしにも要注意です。

<音像定位について>

これも重要なことなので触れさせていただきます。私は生の音楽の立体音場を基準にしていますので、定位とか音場感といったものは一体の物として扱います。別な言葉では「音離れの良さ」の問題です。アドオン・トゥイーターの調整においても、この点には十分留意しています。

この事には、いろいろな考えの方がおられるかと思います。フルレンジスピーカーについては、ピンポイントの音像定位がしばしば話題になりますね。私の場合は、生の音楽の場ではその様な音像を体験したことが無いので、即ちその様な判定はしておりません。あくまでもリアルな立体音場、若しくは目の前に発音源が実在する感じが再現されるかで判定します。(=現実と区別のつかない仮想現実)

この点においては、フルレンジだから優れているかと言えば、まったく別の問題です。有名な人気機種でも、この点ではまったくお話にならないものも実在します。私がPARC Audioをひいきにしているのは、まさにこの「音離れが良い」音を理解して提供してくれるからです。

<まとめると・・・>

まぁ、一度音を聞いてみて下さい。(^^ アドオン・シリーズの音質は、方式論の主義主張を超えて、耳の肥えた方も唸らせる完成度があると思います。詳しくはまた改めて。

おっと、それからアドオン・シリーズには、ポン付け出来るバッフルステップ補正モジュールもあるんですよ~(^^ 各種ユニット専用のインピーダンス補正回路も入ったオールインワンで且つ小さい!(写真は8cmユニット)ご期待下さいね。

それでは今日はこの辺で・・・

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014 第4回PARCサウン... | トップ | アドオン・シリーズ発売開始 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (GX333+25)
2014-03-02 23:29:47
こんばんは、Hippo 様。

 いいですね、アドオン。不器用な人間には福音です。

 そういえば、PARCの10cmウッドコーンにTakeTのウルトラハイをつけていました(今は、17cmコアキシャル旧モデルへ移転)が、ウルトラハイのアッテネーターを絞ってやると、実に絶妙に利くことを経験していましたが、この経験も同様な現象なんでしょうか。

 エンクロージュア内部に造作するのは、内部の強烈な音圧に素子がひっぱたかれると思うと、少し気味の悪いところがあります。なんだったら、うまい具合にアドオンでネットワークを外付けして、バイアンプなんてこともできないかなぁ、と考えています。

 もう少しすると、少し手を入れるチャンスも出てくるかな、と思っていますので、またいろいろご相談させてください(といっても、2,3年後のことです……気の長い話ですが、スピーカーの寿命を考えるとわずかのことか、とも(^^ゞ)
Unknown (Mr. Hippo)
2014-03-03 00:26:14
今晩は、GX333+25様。

>TakeTのウルトラハイをつけていました・・・

今回のアドオンでは、フルレンジ側の個性によっても異なりますが、ウルトラハイではなくて、普通のハイを結構はっきりと鳴らしています。(ですから繋がり具合には大分気を使いますが)

>内部の強烈な音圧に素子がひっぱたかれると思うと・・・

常識的にはそう思います。但し、ディッピングネットワークでは非常に振動に強いですね。(=SN感が高い)それどころかNMSではBoxの制振器としても機能します。

勿論、BoxはBoxできちんとチューニングして、NWは別置きにすれば、その方が良いとは思います。まぁ、どこまでこだわるかにもよりますね。

>またいろいろご相談させてください・・・

こちらこそよろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL