Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

フローティングマウント・アダプター 新発売 その2

2015年10月26日 | 製品紹介

 

 今日は新製品発売情報その2として、フローティングマウント・アダプターを使用した音作りの留意点についてお話しします。良い事づくめのフローティングマウント・アダプターですが、事前に知っておいていただきたい事もあります。

<キャビネットについて>

本製品の性質上、「キャビネットを上手に鳴かせて味を付ける」という従来の手法は、本機本来の雑味の無い音質を損ねますため、推奨しません。音の厚み感や艶が不足するとすれば、むしろ再生系(アンプやプレーヤー)の能力に起因している可能性があります。別の場所の問題をキャビネット鳴きで無理に補正すると、更に別の問題が生じて、それ以上の改善が困難になる場合があります。 

キャビネットの基本要件は、音圧で共鳴しない程度の強度と、十分な防振補強や制振処理となります。スピーカーユニットからの機械振動は遮断されていますので、従来よりは簡単に完成度が上げられるはずです。当社製X-Damper(制振器)の併用もお勧めします。 

同じ理由で、キャビネット内の反響音を利用して厚み感を補う手法も推奨しません。吸音材は多めを推奨します。ユニット開口からキャビネット内に向かって「ワー」と声を出した時に、中の反響音が概ね無くなる程度が目安です。吸音材としては、布団綿など湿った重い感じの材質はお勧めしません。PARC Audio純正の高品位ウール吸音材や、ポリエステル中綿等、「軽くてフワッとした感じ」の吸音材を推奨します。

誤解のない様に再度強調致しますが、従来「厚み感」と思われていたものとは次元の違う、芯のあるしっかりした音力と低音感が出ます。従来とは違和感を感じるくらいの変化度がありますので、慌てずにじっくり聴き込んでみて下さい。これが本来の生演奏に近い、自然な鮮度感なのです。このすっきり音に慣れてしまうと、従来の箱鳴りの音がすぐに分かると言いますか、不自然さが気になって仕方なくなる様になります。

<バッフルステップ補正について>

従来同様にお勧めします。但し、バスレフのチューニング周波数を高めにとる事で、従来以上のピラミッドバランスが得られますので、その意味では必要度は従来より低くなると言えます。とは言え小型システムらしからぬ上質なピラミッドバランスを得られる点では、従来同様に価値があると思います。この場合は、TWの必要度がより高くなる事も意味します。

<スピーカーユニットについて> 

ユニットそのものの個性については、お好みにお任せします。ここでは、本製品の導入時全般の音質的留意点についてご説明します。 

本製品の使用効果により、破綻感や歪感が減少し、厚み感が増します。平易に表現すれば「煩くなくなるので中高音域に不足感が生じる」場合があります。この場合はアドオン・トゥイーターの導入や、本格的な2way化もご検討下さい。また、同軸(コアキシャル)2wayユニットの場合は、ネットワーク定数の変更もご検討下さい。何れにせよ、音質的完成度自体は非常に高くなっていますので、調整は従来よりも容易になるはずです。お困りの場合はお気軽に当社までご相談下さい。

また、フルレンジ一発派の皆様には、アドオンTWの導入等に違和感があるかもしれませんが、従来のフレームマウント式スピーカーの常識を適用するのは困難ですので、是非一度音をお聴きの上、ご判断いただきたいと思います。

★ 因みに、オーディオフェアでデモした13cmケブラー同軸スピーカーは、メーカー推奨ネットワークとは異なる定数になっています。(結構違います)お気軽にご相談下さい。完成NWもご用意出来ます。

ご参考までに、取説のダウンロードも用意しました。

→ 取説ダウンロード

追伸!

次回はいよいよ年一回の自作ファンの集い、第6回PARCサウンド鑑賞会の案内です。

その後は、お待たせしました・・・(^^ 3wayフラッグシップ機、Recercare(リチェルカーレ)を題材にした蘊蓄シリーズをやりたいと思います。

それでは今後ともよろしくお願い致します。

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローティングマウント・ア... | トップ | 第6回PARCサウンド鑑賞会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL