Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

Basicプロジェクト10cm用Box出来上がり

2017年05月12日 | 製品紹介

 

Basicプロジェクトの本体部分となる10cmユニット用Boxにウッドコーンを組み込みました。Boxの片方だけ塗装例としてみました。急いで塗装したので、ちょっとハズカシイ仕上がりですが。それでも外観は、なかなかに上手くまとまったかと思います。

写真↑はデッドマスに接着した10cmウッドコーンやフローティングマウント・アダプターのパーツ類と専用バスレフダクトです。ところで、デッドマスの素材に炭素鋼球を加えて、より硬く重くしました。従来の約2倍の重量で、振動系質量の約1000倍という豪華版です。早速音出しをしてみました。

今回は、音質上重要なポイントだけを押さえて、シンプルかつ高音質なものを提供するコンセプトでしたが、さてその音や如何に!

フルレンジとしてバランスの良い10cm口径で、PARC Audioご自慢の音離れの良い鳴り方は勿論従来どおりです。更に、モヤつきの無いしっかりとした中低域の厚み感や、澄んだクリアーな音なのに腰高にならない安定感、音数が増えても破綻する不安のない余裕感など、いわゆるハイエンドオーディオでないと手に入らない高品位感がしっかり確保出来ました。音像定位や音場感も秀逸です。アンプやプレーヤーの品位を丸裸にする実力がありますので御覚悟を。(笑)

付帯音による篭り感がないので、高音域の不足感も特にありませんので、このまま(トゥイーター無し)で充分な完成度だと思います。生意気なる一言を追加しますと、下手に2wayにすると、かえって品位が下がりますので、その節はユニウェーブ・トゥイーターとネットワーク(って、まだ出来ていませんが・・・汗)をご利用下さい。別次元の音を用意すべく、これからねじり鉢巻きで頑張ります。

また、ハイエンドマルチの調整用リファレンスとしてもよろしいかと思います。本機を越える定位感と音場感が出せれば、あなたの耳とスキルは超一流です!(←皮肉やジョークではなくて本当です)

上の写真のフルキット(キャビネットはユーザー組立て)で7万円(ペア)程度に出来そうなので、この音質を考えれば破格のコストパフォーマンスだと思います。当社の完成品スピーカーのデモ前にこのシステムは聴かせたくないですね~(^^; 本機の完成品の製品化も本気で考えないと・・・

あとは、本機用のユニウェーブ・トゥイーターとネットワークが残っています。「本機を越える定位感と音場感」を前提にしているので、正直ハードルが高いです。結果をお楽しみに・・・(^^

 

『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローティングマウントのユ... | トップ | Basicプロジェクトのユニウェ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待してます (Hironeko)
2017-05-16 22:37:31
先日、秋葉原の某店にてDCU-F132Wを衝動買いしていまいました。
箱はどうしようかなぁと思っていたところなので、132W用のフルキットも是非お願いします。
Unknown (Mr. Hippo)
2017-05-17 09:56:24
Hironeko様、おはようございます。

ご期待に感謝致します! 以前と違って、内容が高度化して来まして、開発に時間がかかっていますが、その節はよろしくお願い致します。m(_ _)m
お待ちしてます (Hironeko)
2017-05-19 14:55:15
スピーカーシステムの自作はYAMAHA JA-2070以来、実に20年ぶりですが、PARCのユニットと御社のフローティングマウントの考え方には非常に興味津々です。
どんなサウンドが響くのか、楽しみにしています。
Unknown (Mr. Hippo)
2017-05-19 15:56:55
Hironeko様

ありがとうございます。こちらこそよろしくお願い致します。

コメントを投稿

製品紹介」カテゴリの最新記事