Hippo日記

オーディオの事や感動した音楽の話し、お勧めの癒しの音楽など、徒然なるままに書いてみたいと思います。

HD-AMP1とDolphin-10Wの音質

2017年06月23日 | 製品紹介

 

当社一押しのセットコンポになりそうです。

今、Basicプロジェクトの新発売のために案内ページを製作中ですが、実はキットではなくて完成品を先に受注してしまいました・・・(^^; でもって、写真のスピーカーが10cm2wayの完成品、Dolphin-10W(予定価格、税込25万円)です。

そして、今回のお客様はマランツのHD-AMP1とHD-CD1を追加して、お手持ちの大型ハイエンドとまるごと入れ替えて下さいました。上の写真は出荷前の全連結テスト時に撮らせていただいた写真です。

HD-AMP1とHD-CD1の音質ですが、フラッグシップのPM-10とSA-10の弟分として、なかなかに立派な音質です。但しCDプレーヤーのアナログ出力は使わずにトランスポートにして、アンプ内蔵のDACで再生します。(こちらの方がお勧め)パワーアンプ部には話題のHypexモジュールが採用されており、この御利益は大きいと思います。整流管式管球アンプの様な澄んだ音の出方が好印象で、低域もしっかりしています。積極的な鮮度感のある音作りなので、歪の少ないスピーカーを使用しないと、音が硬いという誤解を受けるかもしれません。勿論Dolphin-10Wは、タイムアライメントを厳密に合わせたユニ・トランジェント方式(※1)で、歪感が少なく、HD-AMPの良さが良く出ます。価格面を考えても、Dolphin-10Wとはベストマッチングだと思います。

※1 ユニ・トランジェント方式とはユニウェーブ方式の事です。生みの親の別府氏には御挨拶していますが、商業利用は気が引けるので、敢えて別の呼称にさせていただきました。当社の場合は特にタイムアライメント整合による低歪化について注目しています。

以下、「セットコンポ」としてのインプレッション。

 ヘンデル、イタリアンカンタータ(F35L-50289)
天使のソプラノと称されたエマカークビーとエンシェント室内管弦楽団の演奏で、当時は「古楽器の音はキツくて・・・」という人が多く、再生の難しいディスクでした。艶々の古楽器ヴァイオリンの音ですが煩さはなく、カークビーのソプラノも心地良く聴けます。また、教会堂の広々とした音場感が楽しめ、深い奥行き感が出ますが、引っ込んだ音色ではなく、ナチュラルでしっかりした鮮度感があります。

 諏訪内晶子、サラサーテ他(UCCD-50013)
トラック3「マズレック ホ短調」では、諏訪内氏の切れの良いヴァイオリン演奏が表情豊かに再現され、思わず引き込まれます。オーケストラも破綻せずにスケールも十分に出ます。

 ジェニファーウォーンズ、The Hunter(2261974)
お馴染みのCD。ヴォーカルの音像の高さが出にくい録音とされている様ですが、本機では問題無く斜め上方に浮かび上がります。位相まわりの良さでは出色の出来だと思います。パンチの効いた低音も、デッドマス付きフローティングマウントならではの出音です。

 エリック・クラプトン、アンプラグド(WPCR-80267)
アンプラグドとは言っても、ライヴなのでPAは使います。なので、生音ステージの定位や音場感とは勿論異質ですが、ライヴ空間の心地良さが良く出ます。一見柔らかい音かと思いきや、ギターをつま弾くアタックや胴鳴りが非常にリアルに再現されます。

 カリブの海賊、サントラ(60089-7)
トラック4はド迫力の轟音サウンドですが、ボーボーぼやけずにオーケストラの細部まで分離良く見通せます。小型コンポながら、弦の低音感もしっかり出ます。

総評として

定価ベースで、約45万円(税込)のセットコンポとなりますので、安物ではありませんが、しかしハイエンドの価格帯ではありません(?)。ですが、音質は自信を持ってハイエンドです。穏やかな音も切れの良い音も楽々と生々しく再現します。小型ながら低音感もしっかりしているので、今更大きなシステムにこだわる必要もないと思います。音質が思わしくないと思ってお蔵入りにしていたCDも、是非聴き直してみて下さい。「音」ではなく「音楽」を楽しんでいただけると思います。(^^

※ Dolphin-10Wはそれなりの価格であり、且つトライフォニック・ブランド製品となりますため、特別なチューンナップを施しています。キット製品とは異なる音作りになっておりますので、予めご了承下さい。

追伸

マランツのアンプやプレーヤーをはじめ、D&Mホールディングス取り扱い製品につきまして、特に当社完成品スピーカーをお求めのお客様には、特別サービス価格で提供させていただきます。是非ご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加