abyman の折り紙と日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

折り紙と映画の話の日記

2017-05-03 20:43:37 | 日記
小学生の頃から20歳までテレビで5回ほど観た映画がある。
日本名は「まぼろしの地平線」だと思う。
たぶんイギリス映画だった。

この映画に出てくる主人公はイギリス兵で、
ある街に近づき、反対側にドイツ兵がいて街を挟んで両軍が対峙する。
上司に命令され街を偵察するように言われる主人公の二等兵。
街に入ってみると、そこは戦争とは関係のない世界で、
主人公は「スペードのキング」と呼ばれ、王様扱いされる。
それが実は、街にあった精神病院の患者たちだった。

映画の最後に、アメリカ軍が援軍に来て、ドイツ兵は撤退する。
街に住人や精神病院の医者や看護婦も帰って来て、
患者たちも病院に帰ってくる。

二等兵は上司から褒められ勲章まで貰う。
でも彼は、最後に軍服を脱いで裸になり、精神病院に入っていく。

ぼくはこのシーンが忘れられないでいた。

ぼくが介護施設に初出勤した時、この映画のラストシーンの主人公になった気がした。

そして、ぼくは「スペードのキング」になった。


花のペンダントを折ってみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り紙と与えるということの日記 | トップ | 折り紙と感謝の言葉の日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。