abyman の折り紙と日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

折り紙と利益についての日記

2017-07-23 21:08:41 | 日記
昔、会社員になったばかりの頃、
上司から利益を上げろと言われたことがある。
それで、
「利益ってなんですか?」
と聞き返した。
「お前、何言ってるんだ、利益は利益だろう?」
と上司はぼくをさげすんだようにブツブツ言いながらいなくなってしまった。
そこで、色々な本を読んだ。
そして、出会う人にかたっぱしから利益とはなにかと訊いた。
でも自分が納得する答えはなかった。

加減剰余とは足し算、引き算、掛け算、割り算のことである。
利益とはその余りのことだと、ある本に書いてあった。
いろんなことをして余るものが利益なんだとか?
あー割り算が利益だったんだ。

あー商売って引き算、割り算で考えなければならなんいんだと思った。
そして会社の経費や売上をかたっぱしから調べて行った。

足し算、掛け算で人生や商売を考えると限界があると思う。

小学二年、三年までは算数が好きな子供は多いんだそうだ。
でも割り算の分数が小学四年ぐらいから出てくると、途端に
算数が嫌いになるという。

割り算の表記は小数点、分数、%とある。
データ分析やマーケティング、統計学、は割り算なのだ。

経済学の巨人、アダム・スミスの言葉で、
「利益とは、そのサービスの質と量に比例する」
というものがある。
でもサービスの質と量から余ったものが利益なのだと思う。

人生も引き算や割り算で考えると面白いと思う。
割りに合わないことを喜べるかどうかに掛かっている。
そしてそれを笑い飛ばせるかどうかということだと思う。

ぼくは質も量も最高のサービスをしようと思う。
でも今は金銭的なものでなく、最高の笑顔をもらいたいと思う。

利益とはそういうものだと、今感じている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り紙と得の話しの日記 | トップ | 折り紙と偶然についての日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。