abyman の折り紙と日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

折り紙と優しさについての日記

2017-07-14 20:47:04 | 日記
右肩が動かない。
痛くて寝返りもできない。
睡眠不足で昼間ボーッとしている。
Tシャツを着ようとしても体の途中で引っ掛かり、身うごきができなくなる。
生まれて初めて左手だけで食事をした。
電車のつり革が掴めない。
ということで、
ぼくは突然五十肩になってしまったらしい。

でもそんなことで、周りの人たちが優しいのだ。
痛み止めを山ほど貰い、湿布薬や外用鎮痛剤、
はたまたあらゆる人がぼくの肩をマッサージしてくれる。
「あの病院の〇〇先生がいいよ!」
「〇〇病院でブロック注射した方がいいよ!」
そして身体介助を交替してやってくれる。

そんなこんなで人の優しさを痛いほど感じてしまう。
肩が痛くてしょうがないのに嬉しい。
人って何でこんなに優しいのか?
優しさが身の染みる。
ありがたくてしょうがなくなる。

昔、「気配り」とか「手配り」とかいう言葉の意味を先輩に聞いたことがある。
先輩は、
「『配』という言葉は、酒を入れる壺を女性の巫女が宴会で注ぐという意味なんだ」
「そうなんだ?」
「でもお前は今一つだけ手を配っていると思う」
「え?」
ぼくは先輩が何を言ってるか分からなかった。
「手には十本指があるじゃないか」
先輩の言葉にぼくはハッとした。
ぼくは一本の手でしか「手配り」をしてなかったのだ。
そして先輩は、
「十本の指で手配りしたり、気配りすることが優しさじゃないかな?
少なくとも相手のことを十思いやることって大事だと思う。
それが自分の損なことだとしても」

ぼくは今十の優しさに触れている。
感謝感謝です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り紙と物差しの日記 | トップ | 折り紙とぼくの夢の話しの日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。