油注し(輠、車偏に果、輠;クヮ)

晴工雨東来(せいこう うとく 軒下工作、東風が吹くと雨が降る)

二輪車のパイロットケース

2017-01-25 21:54:09 | 修理

二輪車のTURN、NUTRAL、HIGHBEAMのパイロットのケースがカタカタ鳴るようになり、ガタガタになっている。


 
分解して見ると取付の脚が二本とも折れていた。(写真は天地が逆になっています)
右の写真のように、破断面はピッタリ合います。
ウェッジ電球を挿したゴムソケットをこの穴にはめてあります。

スチレン樹脂かと思いプラモ用接着剤で貼ってみたが溶けてこず接着できません。


それで、ポリプロピレン用の接着剤で貼りました。(G17を透明にしたような接着材です。使い方も同じ)
母材を溶かさず、粘着しているだけなので、ホットメルトで補強しました。

これで音がしなくなりましたが、強度的には不安があります。これでダメなら板金の脚を作ります。

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輠(車偏に果、?;クヮ)、問合 | トップ | 二輪車パイロットのLED化 (... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MU工房)
2017-01-26 16:55:13
2輪車のパイロットってこんなケースの中に入っているんですか、初めて見ました。
強度大丈夫だといいですね。
Unknown (油注し)
2017-01-27 21:12:11
後でパーツリストを見たらパネルと組合となっていました。外観部品・レンズ込みなので高く付きそうです。直してよかった。剥がれたら直す楽しみが増えたと思うことにします。
順調に15km走りました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。