更年期ってめっちゃトラブル多いよね

更年期漫画も時々やります~更年期障害ググってもテンプレみたいなのしか出てこないし
個人的な記録とかあってもいいよね?

このトシの薬

2017-04-20 08:17:26 | 日記

今飲んでいるのが

・グランダキシン

加味逍遙散

・小青龍湯

・エピナスチン

この4つ。

今はこの4つで済んでいますけど、年齢が進んだらもっと薬が増えるんでしょうか?

例えば、高齢のかたでよく聞くのが

・尿酸値の薬

・血圧の薬

・高脂血症の薬

・コレステロールの薬(上のと一緒なの?)

・糖尿病の薬

血圧は体質的に低いし、血糖値も親戚に糖尿病の人は皆無なんで(あ、一人だけアルコール中毒のおじがいたわ。)この2つは飲むことは無いんでしょうけど…

しかし、体調が悪くなったり身体に何かしらトラブルが起こったら薬が増えるわけで、この年齢だと何かとトラブル起こしやすいわけで。

正直、『かかりつけ薬局』で薬を貰いたいです…。

だって薬剤師さんたちって眼科から外科から内科から全部の病気に詳しい&全部の薬に(医者より)詳しいわけでして…

お医者さんは、下手すると自分の専門分野以外のことはサッパリわからないってあるんですよ。友人の旦那さんがそうだったんですよ!外科の先生なんだけど子どもが病気しても役に立たないって友人は嘆いてましたよ!www

で、話を戻します。

今通院している産婦人科は院内処方なんですよね。ええ、事務員さんが薬を用意してるんですけどね、これ違法だし飲み合わせだとか他にどんな種類の薬があるのか知りたいし出来れば調剤薬局で処方してもらって色々聞きたいところなんですが…。

あと、ときどき診て貰ってる内科も院内処方。

ただしココは薬剤師の(きれいな)お姉さんがいて、お薬の説明もちゃんとしてくれている。

とはいえ、病院って待合室混んでいるし色々聞くと後につかえたほかの患者さんが…というのがね。

じゃあ「お医者さんに”院外処方にしてください”」って言えばいいんじゃないの?

って話なんですけど、多分彼らも何かしらの理由やら主義やらを持っていて、患者にそんなこと言われたくないと思うんですよねえ…てか怒らせたくないです…。

厚生労働省が『医薬分業』という指針を出しているのにも関わらず、院内処方をしているっていうのは何かしら譲れないものがあるんでしょう。たぶん。

なーんで病気して病院に気を使わなきゃいけないのっ?!

…という気もしますけどね。

うーん悩ましい…。

厚生労働省さま、お医者さんたちに院外処方をガンガン推奨してくださいよぅ…

インフルとか骨折とかなら院内のほうが有り難いですけど(移動がシンドイですもんね)

更年期とか体質改善的な薬は院外のほうが有り難いっすよ…頼んますよぅ…

『闘病』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレルギーの薬 | トップ | 春の眠さ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む