更年期ってめっちゃトラブル多いよね

更年期漫画も時々やります~更年期障害ググってもテンプレみたいなのしか出てこないし
個人的な記録とかあってもいいよね?

今月の生理さんと大統領選に隠れている現在の米国とパナマ文書

2016-11-07 08:01:27 | 日記

先週あたりから少しだけPMS臭い症状が出ていたのですけど

目立つほどでもなく、生活に支障があるレベルでもなく。

じゃあお医者さんが言うように女性ホルモンの分泌が悪くなってるのかっていうと

出血量が通常営業なのでそういうわけでもなさそう…

 

うーん

 

生理には色々なパターンでサヨナラしていくようですが

(周期が遅れたり周期が早くなったり突然止まったり)

私のように「元に戻る場合もある」っていうのを

この記事で知ってもらって『自分はおかしくないんだ』って思ってもらえるかなと。

 

しかし私の体調、今後どういう展開になるのか見逃せませんね(アナウンサーの解説)。

 

さてここからはちょっと真面目な話。

「堅い話はイヤン」かもしれませんけども

辛抱して読んでいただけると良いなと思います。


アメリカ大統領選が近いために報道が過熱しつつあります。

別の国のリーダーを選ぶ選挙なために日本は関係ないじゃないかという感覚も持ちつつ

「GHQに占領されて以来、影響力は大きい」ために

やっぱり見逃せないなという感覚もあったりします。

 

その報道の中でよく知らせられているのが「アメリカの格差社会」です。

労働階級の家庭に生まれた若者は奨学金を返すために働く必要があるのに

働き口に恵まれておらず、アルバイトでその日暮らしをせざるを得ない…

不景気っていうのもあるんですが

これにはもう一つ大きな背景がありまして、米国は日本のように

「新卒枠」というのがないんですよね。

「新卒枠」がない→企業は経験者を優遇する(教育の手間が省けるから)→新卒が余る

→若者の貧困が広がる

…という図式になります。

 

貧困が貧困を生み出す貧困スパイラル。

また、こちらのデータによればアメリカ人の半分は年収300万円以下ということです。

なんだこの国。

 

お金の使い方がおかしいんじゃないの…?と思いましたが

ここで思い出していただきたいのが「パナマ文書」です。

 

年収の高い人がいるのであれば、それだけ国の税収が多くなります。

その税収を福祉や国民の生活を守る制度に回せばいいんですが

そんな様子は見られない、ということは税金がどこかに逃げているわけですね。

 

で、今読んでいるのが「タックス・ヘイブン」という新書です。

これを読むと「おっ死ね、ライミー」

※ライミーはイギリス人を馬鹿にした呼び方。そしてこのセリフはヘルシングから

と思えてきます。タックス・ヘイブンの地域は英国領に多いんです。

また、米国国内にもありますし(デラウエア州)

アジアでも香港・マカオ・シンガポールあたりは

タックスヘイヴンと指定されています。

 

一応G20でもタックス・ヘイヴンは問題視されていますが

政府も利用しているため根本的に解決する気があるのかないのかわからない状態。

また国ごとに認識が異なっていることも解決への障壁になっている模様。

 

これは他人事じゃあなくて日本の多くの企業も資金を海外に逃がしている…というのは

数ヶ月前に報じられたパナマ文書の件で知らされていましたよね?

 

これは見逃したらアカン案件だと思うんですけれども

マスコミ各社も恐らく資金を海外に逃しているのか…パナマ文書も結局「一瞬の話題」で

終わりましたし…

 

こういった問題を我々の世代がしっかりと認識して若い人たちに時代を繋いでいかないと

めぐりめぐって結局自分自身が困ることになると思いますよ。

例えば老後の問題とか、年金の問題とかね。

 

この「タックス・ヘイブン」は

「タックス・ヘイヴンって何?」という人でも読める仕様になっていますのでこの機会に是非どうぞ。

たまにはこういうのも読んだほうがいいと思いますよ。

 

 

「あそこのスイーツがおいしいの☆」とか

「アラフィフのファッションが~」とか

「ネイルやってみたいな」とかキャッキャするのもいいんですけど

年齢が年齢ですし、ある程度インテリジェンスを付けるほうが

エステへ行くよりも

美肌を目指すよりも

キラキラを目指すよりも

自分の付加価値を高めるのではなかろうか?と思います。

 

まあ余計なお世話って言われるかもしれないけどね。

私がそういう人好きなので、カッコイイ年上の人を増やしたいって

そこを狙ってるっていうのもあるんですけどね。

 

 

油沼はスマートでクレバーなシルバー世代を応援してます!!!!!

 

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暫くの間 | トップ | 老眼と息子と »
最近の画像もっと見る

あわせて読む