アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

愛する人 2009年 アメリカ

2015-01-31 | ヒューマン・ドラマ
薄くはられた氷の表と裏にあるふたつの人生。
もろく、いつ割れてしまうか、そんな危うさを抱えながら生きているふたつの人生。
母と娘。
ふたりの人生は、永遠に平行線のままだった。
交わることのない、それぞれの人生。

37才のエリザベスは優秀な弁護士として自立していた。
その母カレンは、親を介護しながら働いていた。
母娘は一度も顔を合わせたことがない。
お互いの存在も、今どこでどうしているのかも知らない。
カレンは14才で娘を産み、直後、その子は養子に出された。
今のいままで、お互いを探そうとはしなかったが、カレンはずっと見ぬ娘に日記を書き続けていた。

気難しやのカレンも職場結婚し、愛する家族もできて柔和になった。
そうした環境の変化もあってか、娘の所在を知りたいと思うようになる。
一方、エリザベスも新しい命を宿し母となる自覚が芽生え、実の母を探そうと思い立つ。

アネット・ベニングとナオミ・ワッツ。
二人の演技が素晴らしい。
同様に、この作品の繊細さに心打たれる。
薄氷をかざして見るようである。
ロドリゴ・ガルシア監督は、なぜこんなにも巧いのか。
ワッツが美しかった。
妊婦姿は、実際に彼女自身が妊娠中に撮影されたそうで、前半の部分は産後に撮られたようである。
どうりで美しいはずだ。
女性は、産後美しくなるというが、それは本当だと思う。
上司との食事のシーンなんて輝いていたし。

作中の大事な要素ともなっている養子縁組については、日本も他人ごとではない。
先進国では里親が主流となっているが、日本では、乳児院や施設がほとんど。
司法が介入する規定がある米国と、児童相談所でまかなう日本との大差には驚く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

dot the i ドット・ジ・アイ 2003年 アメリカ・スペイン

2015-01-13 | ミステリー&サスペンス
とかく三角関係というのはやっかいである。

嘘が本気に。
妥協から復讐へ。
一番性根の悪いのはどいつか。
最後にだまされるのは?

付き合い始めてまだ日の浅い彼から突然プロポーズされたカルメン。
ちょっと戸惑いながらも、彼の言葉を受け入れる。

式の日にちも決まったというのに、彼女に気になる男性が新たに現れる。
複雑な想いの中、式は予定通り行われた。

だがカルメンの気持ちはおさまらない。
夫からの祝杯を拒み、家を飛び出し男性のもとへ。
夫を裏切ってしまったカルメンだったが、後悔したのか、家へ戻ることに。
家の周りにはパトカーや救急車が。
何やら騒然としている。
そして家の中で彼女が見たものは・・・。

フツーに鑑賞していたが、途中でアラッ?と展開が変わっていく様は、意表をついたおもしろさがあった。
しかしこれ、人間不信になりそうな話。
新たに知り合った人を警戒したくなっちゃいそうな。
でも、ネット上で簡単に“お友達”になれちゃういまだと、そんな「警戒」なんて言葉は通用しないのかも。

低予算的な映画だが(失礼!)、なかなか心理をついた異色作である。
これは日本映画でもリメイクできそう。
個人的に見て、(顔が)似てるなあと感じたのが、カルメンの夫が伊藤英明で、愛人キットは岡本准一。
さてカルメンは・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加