アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザ・インタープリター 2005年 イギリス

2010-06-29 | ミステリー&サスペンス
国連会議の通訳者シルヴィアは、アフリカ、マトボ共和国大統領の暗殺計画を偶然耳にしてしまう。
その囁き声は、彼女の出身地で聞くことのできるクー族の言葉であった。

故米原万里氏がロシア語通訳者であった頃、国際会議で同時通訳をしていたときの悲喜こもごものエピソードを記した著書を前に読んだことがある。
言葉から言葉への変換というのはとても奥深い作業であり、中でも同時通訳という技術は、相当な訓練を要する。
通訳のエキスパートを今回演じたのが、ニコール・キッドマンであった。

陶器のような肌合いをもっていそうなニコールは、インテリっぽい容貌もマッチする。
だが容貌とは別に、演技としてみると、ミスマッチなのであった。
シークレット・サービスのケラーにショーン・ペン。
思えば、アカデミー受賞者同士の共演だったんだが、どうもペンの方が頑張っちゃってて、同等の演技には見えないんだよね。
特に終盤近くの、彼女が大統領に銃をつきつけるシーン。
緊迫感がまるでなくて、ペンだけが踏ん張ってた感じすらある。
ニコールが演技派に見えないのは、やはりあのヒヤリと冷たそうな美によるものなのだろうか。
『めぐりあう時間たち』では、ある意味、“変装”をしたからよかったのかもしれない。
素であの地味さは出せなかっただろうから。

そもそも何故、題名が『ザ・インタープリター』なのだろうか。
事件の発端となる例の会話を聞いてしまったのが“通訳者”だったからか。
それがもし、清掃のおばさんだったらどうだったのか。(クー語がわかったかどうかはわからないが。)
個人的に付けるのなら、『ザ・リスト』とか、『初心忘るべからず』なんていいと思うがなぁ(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

崖の上のポニョ 2009年 日本

2010-06-21 | アニメーション
アンデルセンの童話『人魚姫』や、小川未明の『赤いろうそくと人魚』は悲しい結末である。
児童向作品だからといって容赦なく、失恋し、泡と消えてしまう切なさや、裏切った人間たちへの復讐といった終わり方は、“めでたしめでたし”からは程遠いものである。
子ども時分であれば、単に〈かわいそうな人魚〉でくくられてしまいそうだが、もう少し時が経ってから読んでみると、さまざまなものが見えてくるほど深い話だ。

ポニョは、金魚、人面魚、半漁人という表現をされていた。
人魚というイメージではないのだろう。
自分を助けてくれた男の子を好きになり、どうしても人間になりたいと望むようになるポニョ。
やがておたまじゃくしのように、足が出、手も出てくる。
顔も蛙みたいだ。
そして髪もサラリと生え、可愛らしい、やんちゃな女の子になる。

自分が入っていた緑色のバケツをいつも持っているポニョはかわいい。
ポニョは、本物の人間になることを許される。
魔法はもう使えないし、海に帰ることも許されない。
でもいいの。
ポニョは、宗介のそばにいたいの。
「ポニョ、そうすけ、スキーッ!」

人間に恋をしたポニョはまだ子どもだ。
その相手は、5才の男の子である。
宗介は、5才にして重荷を背負うことになったのだ。
宗介の家は、ポニョを後見しなくてはいけないという条件がある。
ポニョは依存度がかなり高そうだ。
宗介よ、頑張れ。
成長しても、他の女子に目を向けてはいけないよ。
なにせポニョの実家は、ものすごいパワーをお持ちだ。
宗介くん、責任重大だよ(汗)。

もし万が一なんてことで、冒頭の人魚たちのような事態になってしまったら・・・と、マイナス思考になった人は多かれ少なかれいると思う。(いないか・笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリーとトント ’74 アメリカ

2010-06-09 | ヒューマン・ドラマ
長年住み慣れた我が家も立退きを余儀なくされ、仕方なく愛猫トントと一緒に長男一家のもとへ移ることとなったハリー。
だが、堅物なハリーは長男の嫁と折り合わず、結局、息子が止めるもの聞かず、シカゴにいる娘を訪れることにした。

空港に着くと手荷物検査がある。
「中身を見せてください」
「猫が一匹いるだけだ」
「規則ですから開けてください!」
「猫だけだと言っているだろ!」
らちがあかず、係員に呼ばれるハリー。
ペットを荷物扱いにするっていうこと自体おかしいのである。
ええ、ええ、確かにね。

ハリーは空港を後にした。
ならばバスでシカゴまで行こう。
しかし今度はトントがおかんむり。
仕方がない、車を買うか。
中古車を購入し、二人連れは西へ向かう。

ゆるやかなロード・ムーピー。
さまざまな人との出会い。
年をとれば、いろいろなことを想い出してみたりする。
かつて愛した女性はどうしているだろう。
もしかしたら、もういないかもしれない。
友人が死んだ。
身内はもういないと言っていた。
せめて、わたしが葬ってやりたいが。

子どもたちも、それなりに苦労している。
あてにはしたくない。
体がきくうちは、自分でなんとかしていきたい。
そう、自分流でいいじゃないか。
なぁ、トント?
トントも飼い主と同様に、いつの間にか高齢になっていた。
おまえもいろいろと想い出すことがあるのかい?

浜辺でトントによく似た猫が、まるで「こっちについておいで」と誘っているように、ハリーの視野を横切っていく。
夕陽を背に、少女が砂山を作って遊んでいた。
ニューヨークを離れ、西海岸の温暖な気候の中で、肩の力が少し抜けた感のあるハリー。
ここで新たな友人をつくろうか。
もしかしたら、トント似の相棒が見つかるかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加