アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

フリック・ストーリー ’75 フランス・イタリア

2007-06-26 | アクション
凶悪犯人エミール・ビュイッソンが脱獄した。
逃走を続ける彼は、その合間にも容赦なく人を殺していく。
大胆にも大金を盗み、宝石を奪い取る。

国家警察が動く。
ボルニッシュ警部が中心となり、エミールを追う。
だが、相手の先手をうつエミールのほうが、一枚上手であった。
しかし、いつまでも奴に振り回されている訳にはいかない。
国家警察のプライドってもんがある。
やり手のボルニッシュは、部長も泣かせるような大胆な行動に出た。

エミールが仲間に、「拳銃を用意しろ」と言う場面がある。
「できれば『ワルサーP38口径』がいい」と。
ルパン三世も愛用しているあれだ。(とは言ってません)
ドイツ製のタフな拳銃を要望するあたり、相当タフな野郎である。

極悪非道なエミールを演じたジャン=ルイ・トランティニャン。
この人って、始終、無表情な役が多くないだろうか。
ま、出来れば、あまり笑ってほしくない俳優であるが(笑)
彼の場合、年齢を重ねて渋味が増した今のほうが、断然いい。
本作品では、うってつけと言ってもいいほど、犯人役をリアルに演じていて、当時の評価も高かったのではないだろうか。

冷酷なこの男にも、美しいと思うものがあった。
それは、エディット・ピアフの歌。
どんなに冷血であろう人物にも、“心”はあったのである。
その思いが、人に向けられることが無かった、ということなのだろう。

エミール・ビュイッソンは、1956年2月に処刑されている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北京の天使 2002年 中国

2007-06-21 | ドラマ
〈おじいちゃんと孫〉って絵になるなぁ、と思うのだがどうだろうか。
孫といってもこの場合、就学前の小さい子に限定したい。
道々、その光景を目にすると、とても温かい気持ちになる。

幼稚園に通うチェンチェンは、おじいちゃんが大好き。
チェンチェンの両親は、彼が生まれてすぐ海外へ赴任してしまったため、祖父が代わって孫の面倒をみてきたのである。
それはもう、これ以上ないという程“おじいちゃん子”のチェンチェン。

だが実の母親として「これではいけない」と、単身、父と息子のために帰国する。
母の顔も覚えていないチェンチェンはとまどう。
母が帰ってきてからは生活も一変し、躾にもうるさくなった。
「来週からは、外国語とピアノのお稽古よ。 10億人のライバルに勝たなくちゃ」
「10億人のライバル」には驚くが(笑)、もちろん、チェンチェンは言うことをきかない。
彼はいつでも、“おじいちゃんと一緒”じゃなければイヤなのだ。
そんな中、なかなか息子が自分になついてくれないと悲しむ母親を不憫に思った祖父は、ある決心をする。

映画の中で、おじいちゃんとチェンチェンは、よく凧あげをしていた。
「おじいちゃん、天国にも手紙は届くの?」
郵便配達をしていたおじいちゃんは、亡くなった人にも手紙を届けられるよ、と言っていた。
糸に手紙をくくりつけて、一緒に凧とあげるのだ。
凧は、青く、高い高い空へ、吸い込まれるようにあがっていく。

「天国まで届くよ、おじいちゃん。 読んだら絶対に返事をちょうだいね。 待ってるから」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼火 ’63 フランス

2007-06-15 | 文芸
自滅へと向かう男の数日間。
陰鬱で無情。
聞くだけでも憂鬱になってしまいそうな話を、見事なタッチで表現し得たのは、ルイ・マル監督の傑出したセリフと、巧妙な脚色によるものである。

本作品は、『ゆらめく炎』という文学作品を映像化したものだそうだが(ピエール・ドリュ・ラ・ロシェル著)、例えば同じ文学作品で、太宰治の『人間失格』を読んで感銘を受けるのは、太宰のあの表現力に他ならない。
これを、ある一個人が書いたものであったら、自殺者が増えたであろうと想像するのである。

要するに、文章も映像も芸術であるからして、いかに暗く、鬱結した内容のものでも、これほど巧みに仕上げてしまうルイ監督の超越したセンスには、「さすが!」としか言いようがない。

エリック・サティの曲が効いていた。
エリック・サティといえば、“異端の作曲家”といわれる。
個性的ともいえる、彼独特の旋律とリズムは有名であるが、鬱々と日を過ごす主人公の気持ちと、まるで同化しているかのように、ピアノ曲『グノシエンヌ』が実にぴったりと合っていた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

恋する惑星 ’94 香港

2007-06-13 | ラブ・ストーリー
香港の雑踏を毛嫌いする人は意外にも多い。
特に繁華街。
アジアの露店・屋台街は、わりと面白いものが見つかったりして、歩いていても楽しいものだが、あの息が詰まるような中を歩くのは、他国(よそ)の者は辟易するだろう。
「それが刺激的なんです」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが。

題名の通り、香港って、小さな惑星みたいにも思える。

二人の警官が、時同じくして失恋する。
その行方を別々に追った、二通りのラブストーリー。

今観ると、まだ坊やのような金城武が扮する警官(・・・に見えない・笑)が、妖しげな金髪美人に恋をする。
かなり不釣合いな感じではあるが、この謎の女の行動がハードボイルドで興味をそそられる。

一方、総菜屋で働くフェイは、演技派トニー・レオン演じる警官に夢中になる。
本人の前では素っ気ない態度でいながら、ストーカー的大胆な行動に出たフェイには驚く。
しかも彼女、すっごく嬉しそうだし。
彼のあまりの鈍感さに救われたからよかったものの、あれって完全な不法行為でしょう。

ウォン・カーウァイ監督作品にしては、明るい映画かな。
なんでも、タランティーノが制作に一部関わったそうだけど、ヨーロッパでは結構ウケたようだ。
あえて言えば、ストーリーよりも独特な映像美を堪能したい、そんな作品である。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京物語 ’53 日本

2007-06-08 | ドラマ
日本映画史に残る、名作中の名作。
小津ワールドにじんわりと浸りたい時は、じっくりと、この味わい深い物語に没頭するもよし。

小津作品を観ていると、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥ってしまう。
何だか、自分も丸いちゃぶ台の前に座っているような・・・
このゆったりと流れる空気に、自分も同化してしまうような、そんな気分にさせられてしまうのだ。

はるばる尾道から上京してきた老夫婦を心からもてなしたのは、実の娘や息子ではなく、戦死した次男の嫁であった。
この未亡人を演じた原節子が実によかった。
彼女が演じたことで、“慎ましやかで美しく、できすぎるほどの嫁”も全然いやらしくないのである。
現代であったら、嫌味にも受け取られそうなキャラかもしれないが、もうこの人だったら絶対に許せてしまう。

途中、夫婦の“老い”を感じさせる場面がある。
元気なうちに親孝行をしなくちゃ、と痛感させられる、笠智衆と東山千栄子の二人が演じる老親の、深遠な台詞を胸に刻もう。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歴史は夜作られる ’37 アメリカ

2007-06-03 | クラシック
清廉潔白な妻に不倫疑惑を募らせる海運王の夫。
妻に対する信頼度はゼロに近い。
嫉妬心の強すぎる夫のもとから、妻アイリーンはパリへと逃れる。

パリのホテルで妻を張っていた、夫ブルースと雇い人たち。
自分が仕組んだ罠により、皮肉にもアイリーンは、運命の人ポールと出会うことにある。

ジーン・アーサーとシャルル・ボワイエの二大スターの共演。
控えめな華やかさと、落ち着いた大人の美しさで、二人の魅力が存分に浮き立っている。

ジュード・ロウを年取らせたような(笑)、シャルル。
こぶしに顔を描いて、腹話術なんかやっちゃう。
これぞと思う女性を落とす、彼なりのニクイやり方。
とてもシャレていた。
パリでも有名な給仕長であるポール。
その颯爽として、しなやかな仕事ぶりに、女性客が増えるのも店側としては嬉しいもの。
高級レストランともなれば、このぐらいの徹底ぶりは当たり前なんでしょう。
ずさんなサービスをしているところも結構多いし。

ブルースの強行により、プリンセス・アイリーン号は悪天候の中、船路を進める。
何故なら、妻とその恋人ポールが乗船していたから。
限りなくこの夫は愚かであった。
タイタニックのような大惨事を予感する乗客たち。
しかし、アイリーンは救助を拒む。
死よりも、ふたりが離れてしまうことのほうが辛かったのだ。

クラシックの醍醐味といえる、しっとりと酔えるような珠玉の名作。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加