アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

火垂るの墓 ’88 日本

2006-06-25 | アニメーション
これこそかつて何かの作品のキャッチコピーで言われた、『涙でスクリーンが見えません』いや、『見えなくなる』に値する映画だ。
毎年、終戦記念日頃に放送される、野坂昭如の原作をアニメ化した本作。
話の筋がわかっているだけに、何度観ても、目がうるうる状態になってしまう。

声優陣がまたよく合っていたのにも、悲壮感を高めているように思われる。
映像にアテレコするのではなく、先に声優が脚本を読み、それに映像を合わせていったというのには驚いた。
そうすることによって、より情感のこもったものになるのかもしれない。

唱歌『埴生の宿』を聴くと、本作品と『ビルマの竪琴』を思い出す。
もっと前だと、『二十四の瞳』だろうか。
かすかに希望の光が見えてくるようだ。

戦争はすべてを破壊してしまう。
家も木も、人も心も。
でも、また立ち上がらなければならない。
前に進まなければならない。
いつの時代も、人はそうしてきたのだから。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガス燈 ’44 アメリカ | トップ | セレンディピティ 2001... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アニメーション」カテゴリの最新記事