アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キス☆キス☆バン☆バン 2000年 イギリス

2005-08-16 | アクション
プロの殺し屋ジェフ・フィリックスは、裏社会から身を引くことにした。
銃の腕がおちたことが原因らしい。
しかし組織である〈クラブ〉は、それを許さなかった。
何故ならそこは、“終身制”だから・・・

勝手に足を洗おうとするジェフは、組織からその命を狙われることになる。

転職をした(笑)、ジェフの初仕事は、子供のお守りだった。
子供といっても実は大人。
正真正銘の33才である男性なのだが、親の過保護により、一度も表に出されたことがなかった〈ひきこもり〉ならぬ、〈ひきこまされた〉男であった。
名前はババ。
彼をクリス・ペンが演じている。
彼は今や、演技派の域に入ったショーン・ペンの実弟だが、兄貴とは正反対のあったかモードな俳優である。
とってもババ役に合ってました!

全くの子供から、男の教育を受けるババ。
彼がだんだんと頼もしくも見えてくる。
元殺し屋と、子供みたいなババのユニークなコンビから目が離せない。
しかし、ふたりの永遠の別れとなってしまう非常な展開には胸を痛めてしまう。
ジェフよ、自分を呪ったか!?

海辺でのハッピーなエンディングで、ジェフも観る者たちも、救われたような思いである。
彼が、「子供を抱いたときにわかった」と言っているが、それはきっと・・・

ところで、ジェフの子分にあたるジミー。
彼が命を懸けてジェフを守る姿、慕う思い、敬う気持ち。
仁義をわきまえてるイギリス人ってーのも、いらっしゃるんでやんすねぇ。 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デブラ・ウィンガーを探して... | トップ | 夏至 2000年 フランス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アクション」カテゴリの最新記事