アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビフォア・サンセット 2004年 アメリカ

2005-12-15 | ラブ・ストーリー
この映画は、’95の『ビフォア・サンライズ―恋人までの距離(ディスタンス)』の続編となる作品である。

同じ列車に乗り合わせたパリジェンヌのセリーヌと、アメリカ人のジェシー。
意気投合したふたりは、彼の降りるウィーンで14時間だけ一緒に過ごす。
そして別れのプラットホームで、半年後の同じ場所、同じ時刻に会おうと約束をし、彼女はウィーンを後にした・・・

9年後の本作で、ふたりは偶然パリで再会する。
ジェシーがアメリカへ戻るまでの数時間、ふたりはお互いを懐かしみながら近況を語り合う。

前作と同様、今回もふたりの〈会話〉がポイントだ。
お互い気にかかっていた9年前の約束。
もしあの時ふたりが会えていたら、今とはだいぶ状況が違っていたよ、とジェシーは言う。
彼が語る、幸せではない結婚生活。
一方のセリーヌも、空虚な恋愛はもうたくさん、と互いの本音トークがさく裂してくる終盤がいい。

前作はウィーンの街並みを、本作ではパリの散歩道を、我々も一緒に歩いている気分にさせてくれるようなカメラワークがおしゃれであった。
風景と共に彼らの会話を楽しみつつ、同時に彼らの言い分に納得したり共感するのもいいだろう。

「飛行機の時間に遅れるわよ」
「わかってる」

またまた余韻を残してくれたのはいいけど、続編はあるのか!?
個人的には観たいけど。 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コルチャック先生 ’90 ポ... | トップ | ロック、ストック&トゥー・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラブ・ストーリー」カテゴリの最新記事