アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドッジボール 2004年 アメリカ

2005-03-28 | コメディ
ドッジボール。
そう聞くと、小学校の体育の授業や、休み時間に遊んだっけなぁ、なんて懐かしく思い出す人もいるだろう。
だが、アメリカ式ドッジボールを見れば、今までの懐かしいイメージが粉々に砕かれてしまうかもしれない。

知らなかったのだが、我々の「お遊びドッジボール」のルールとはかなり違う。
さわりだけ言ってしまうと、1ゲームで使用するボールがなんと6個!
6名同士で殺戮のような試合を展開していく。
弾丸のように飛び込んでくるボールを避けるのも、至難の技。
しなやかさを持ち合わせ、更に鍛え上げた身体はもちろんのこと、コツを会得しない限りボコボコにされてしまう。

手に汗握るスポ根映画・・・だけでは勿論ありはしない。(御安心を)
なにせ本作品の製作、敵役がベン・スティラーである。
単なるスポ根ものになるわけがない。

プラス、おバカ・コメディーである。(はい、安心しましたね!?笑)

今回の彼は、角度によってはプリンスにも見えなくもないが、最近では見かけないサーファーカットに、マッチョな風体で、とことんキレまくるホワイトを演じている。

まぁ、セリフとストーリー展開は大目に見るとして(笑)、最近運動不足気味の方、ストレスが溜まり放題の方、このモヤモヤをなんとかしたい、とお嘆きの方には、まさにうってつけ!
頭の中をカラッポにして御覧いただきたい。


ピピーッ! ドッジボール!(試合開始!) 


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セントラル・ステーション ’... | トップ | ガタカ ’97 アメリカ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (shake)
2010-01-20 23:25:33
シェイクで乾杯!のshakedです。
トラックバックありがとうございました。
ベン・スティラーが、プリンスに見えて仕方が無かったです。
彼のはまり役でしたね。

ところで、私のサイトはこのところgooと相性が悪く、トラックバックを送信することができなく、またこちらのコメント欄にURLを入れるとはじかれてしまうのです。ごめんなさい。
でも、私の好きな作品を多くご覧になられているようですので、また遊びに寄らせていただきますね。
ありがとうございます。 (abricot)
2010-01-23 20:44:22
>shakeさん

こちらこそ、コメントまでいただきまして、ありがとうございました。 
はぁ、gooと相性悪いですか(笑)。 他にも結構あるみたいですね。  

ベン・スティラーの形相は迫力ありますね~。 本当に笑えます。 内容は薄めでしたけど、ドッジボールという格闘技(!?)のすごさと、出演者たちのキャラで沸かせてくれましたね。
こちらもまた、寄らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメディ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事