アブリコのCinema散策

のんびり映画でも観ませんか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

少年は残酷な弓を射る 2010年 イギリス

2014-07-13 | ミステリー&サスペンス
少年の心の内は、誰にも察することのできない残忍さで満たされていた。
頭もよく、運動能力も秀でている。
相手によって弁口を変え、それは家族をもだます巧みさだ。
ケヴィンは、一見線の細い美少年である。
母に見せる冷ややかな微笑、奥に潜む冷酷さ。
その目は、何かを捕らえようとする鋭さと、凍てつくような冷たさを湛えていた。

ケヴィンは赤ん坊の頃から母親を悩ませる子どもだった。
子どもというものは、少なからず親を悩ませるものだが、ケヴィンの場合はその度合いが強すぎた。
母親はくたびれ果てる。
ノイローゼになってもおかしくないほどだ。

不思議と父親にはなついていた。(いや、それも子どもなりの演技だったのかもしれない。)
母は思うのであった。
― この子はどうして私にはすべてに対して反発するのかしら。 何ひとつ受け入れてくれない。
まるで母親を小馬鹿にしているようだわ ―

ケヴィンは母が嫌いなのか、憎いのか。
妹が生まれ、一時は母に甘える様子を見せたことがあった。
めずらしくケヴィンにせがまれ、絵本を読み聞かせる母。
その絵本に描かれていたものに、ケヴィンは鋭い反応を後に示すようになる・・・。

凄惨な事件を起こしたケヴィン。
ケヴィンの母親に対しては誰一人、同情の目を向ける者はいない。
嫌がらせや嫌悪の情を突きつけられることはしょっちゅうであった。
しかし彼女は、ひたすら耐える。
耐えて、耐えて、耐え続ける。

面会の日、母と息子の会話はほとんどない。
ここで、分かることがある。
母は息子を愛しているということ。
これほどのむごい出来事があっても、どれほどひどい仕打ちを受けてきたにせよ、ケヴィンを、わが子を突き放すことを母はしない。

果たして、ケヴィンは本当に母を憎く思っていたのだろうか。
個人的には逆に思えてしまうのである。
彼は異常なほどに母を慕っていたのではないのか。
それは、ひどく屈折した愛だったのではないか、と。
そしてこの親子は時折、よく似た仲のよい母と息子に見えたのも確かなのである。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレイジー・ハート 2009... | トップ | ラブソングができるまで 20... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミステリー&サスペンス」カテゴリの最新記事