あややの家

あややとその家族のつれづれ

3年振りのランチ会

2017-04-20 | 知れば知るほど☆あやや

     :バラが咲いた~

 

アンジェラ:あややが中等部の時に同じクラスだったママ達3人と

3年振りに前回と同じ店でランチしました

それぞれの近況やら情報をじっくり交換し合いました。

集まったママ達は

ダウンちゃん家が1人、我家を含む3人はパニック持ち自閉ちゃん家なのでいろいろと苦労も似ていて

結局薬を服用していてもパニックはなかなか抑えられないようです。

男の子は体も大きく力も強いので暴れるとお母さん方は身の危険を感じるとの事。

我家もそうですがどうしても一番甘えられる人=お母さんに向けてが

ストレスを発散し易いのでしょうね。

Aさんは苦笑しながら『もう治ったんだけどひと月前親指骨折しちゃって~』

Bさんは手の甲をさすりながら『息子に嚙みつかれて息子、歯が折れたのよ。私の方はもう大丈夫になったけれど』

みんな笑顔でサラリと^^;パニックの凄まじさが窺えます。

ダウンちゃん家のCさんもただただ驚いていました。

私も手の甲から腕にひっかき傷やら痣がいっぱいありますが

きゅうり(パニックに効く!)のお陰でやっと薄くなってきたし

二人程のことではなかったので言うのをやめました。

パニックは本当にキツイものです。

肉体的にも精神的にも追い詰められ毎度虚無感、虚脱感に襲われます。

もうこのままではやっていけない、とその時は思うんですが

 パニック後の憑き物がとれたような我が子を見ると

愛おしくて、やっぱりこの子がいない生活なんて考えられないし

離れて暮らすなんてとても考えられないとそのお母さん達も思うようです。

ただここにきて我々世代のママ達の中でも重い病に倒れ

生活が大変になっている家庭が出てきています。

園時代バス停が一緒だったあのママが。。。一緒に会を立ち上げて活動していたあのママが。。。

子ども達がみんなそれぞれになり最近はなかなか会えなくなっていましたが

どれもその時々苦楽を語り合った戦友です。

本当に他人ごとではなく常に背中合わせの大きな問題を抱えているなと再認識しました。

そしてそうなった時果たして我が家はどうなるのか、自分はどんな判断をするのかーー

 

『まぁ、なるようにしかならないし、なるようになる。

先ずは先々のことを不安がるより、こうしてランチを頬張りながら3年前と変わらず集まれたことに感謝しよう。

何があっても結局毎日やれることを納得がいくように積み重ねていくことしか出来ないじゃないか。』

一瞬不安になりましたがすぐにいつもの思考回路に戻りました。

これまでも能天気にずっとこうやってきたので、リセットも速やかになってきたなぁと我ながら^^;

先を憂うヒマがあるのは『今』から逃げている証なのかも。

迷いや悩みの連続ですが毎日真剣に向き合い選択し続けるしかないですよね。

ママ達とのランチ会はいつも自分の立ち位置や考えを確認するのにとても助けられています。

意味のある有意義な時間でした。





 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買っちゃったDVD その7 | トップ | いま 大河ドラマ「平清盛」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。