あややの家

あややとその家族のつれづれ

縁切寺は後醍醐天皇と豊臣家と…3大怨霊の納め場である 前編

2017-06-30 | ポケおやじのこだわりメガネ

     : この階段を上ると

 

ポケおやじ:先日東慶寺(縁切寺・駆込寺)に行った時、後醍醐天皇皇女用堂尼の墓があった。

これには我父母は全く興味を持っていなかったが、後醍醐天皇と鎌倉の組み合わせだけでこれは凄そうと私は思ってしまいました。階段を昇ってみると、ああやはり。怨霊の定番大きめな墓がただ1つ山肌を削った祠に。

用堂尼は大塔宮護良親王の姉なので、28才の親王殺害後菩提を弔うために5代目住職として入寺されたそうだ。驚いた事に 護良親王の土の牢(大塔宮〔鎌倉宮・荏柄天神〕にある有名なのは復元)やお墓のある鎌倉二階堂は東慶寺の寺領だったらしい。東慶寺には護良親王の幼名「尊雲法親王」が書かれた位牌もあるそうだ。東慶寺は皇太子にも成り得た皇族幽閉殺害に関わり深く、弔いの役割も果たしたのだ。

東慶寺のホームページを見ると明治以前は、用堂尼の墓の石段はなかったとの記載がある。大体において他の墓は山門(本堂)に向かって建っているのに、この用堂尼の墓は山を背負って本堂や山門は遮られておりしかも本堂や山門とは180度逆の方を向いている。

更に用堂尼の墓の目の前には蓋をするように歴代の住職の墓が並んでいる。ゾクゾクきました。

久々に怨霊物3回に分けて書きます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木曜日は☆知れば知るほどあや... | トップ | ここらでひとまず(家族紹介) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ポケおやじのこだわりメガネ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。