Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

広島で明石焼き

2016-10-30 11:18:17 | エトセト等
天満屋アルパーク店で発見.

明石焼きの材料は,タコ以外はほとんど卵と水ではないかと思う...と書いてから調べたら,沈粉と呼ばれる小麦でんぷんの粉も使うのだそうだ.たこ焼きより少し大ぶり.焼けたら鍋の上にまな板みたいな板をあて,ひっくり返してそのまま板ごと,つまり鍋上の配置を残して供される.三つ葉が浮いたスープにドボンとつけて食べる.次第に明石焼きが溶けてスープがどろどろになる.最後にドロドロ・スープも飲んでしまう.

大八というお店.タコは大きいけれど硬かった...などとカタイことは言うまい.

明石では明石焼きと言わずに卵焼きというのだそうだ.

人生で初めて明石焼きに巡り合ったのは東京有楽町・日劇の地下だった.ウェスタン・カーニバルと称するロカビリー大会をやっていた時代で,この地下は薄暗く,闇市の雰囲気が残った空間だった.明石焼きという名前ではなかったと思う.

(10/31 追記) 日劇地下のたこ焼き店の名は「タカラジェンヌ」だったそうだ.

『B級グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堆塵館 | トップ | スケスケの習作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エトセト等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。