Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

フーリエの冒険

2017-04-20 09:03:31 | 科学
トランスナショナル・カレッジ・オブ・レックス 編,ヒッポファミリークラブ (2013/07).

これは 1988 年刊行の旧版の表紙.新版では表紙はカラー,字や数式・イラストなどがデジタル化され美しく!なっているそうだ.

ヒッポファミリークラブは,複数の言語を同時に自然習得することを目的とした国際的な会員制クラブ.トランスナショナル・カレッジ・オブ・レックスの実態はよくわからないが,この「フーリエの冒険」に続いて 1991 に「量子力学の冒険」1998 に「DNAの冒険」が出ている.これらの本はどれも主婦・会社員・OL・自営業者などの素人集団の勉強会のまとめ (のようなもの) だと思う.

内容は sin cos から始まり,微分・積分・複素数表示・オイラーの公式・不確定性におよんでいる.新版では内容にウェーブレットが加わったそうだ,

この本では,素人が手探りでフーリエ解析を理解しようとする過程が描かれている.これから学ぶ人にとっては,手とり足とりで理解を助けてもらえることになる.

理数系の学習というのは,わからなくなって立ち止まり,悩んでいるうちにとつぜん悟りをひらいて,先に進むというものだ.かって大学生がエリートだった時代は,自分で悟るのが当然とされたが,現在の学生全部にそれを望むことはできない.この冒険シリーズは各地の大学で教科書・参考書としても採用され,合わせて出版部数12万部突破という異例のベストセラーとなっているという.

例えば,ふたつの数式 f T=1, 2 pi f=omega で済むはずの周期・周波数・角周期の説明が,10 ページ.ラジアンについてさらに項を改めて6ページという具合.小学校の加減乗除の学習の,「太郎さんがリンゴをいくつ,花子さんはみかんをいくつ...」という調子で対象をフーリエ解析にした感じ.

ちゃんと読めばフーリエ解析を理解できるとは思うが,勉強する気になるかどうかは別な問題.
別な問題は,大学で使うと,懇切丁寧過ぎて,学生が自分で考えなくなるんじゃないのという心配.

厚くて高い ! (新版 B5 463ページ,3291円).
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デパ地下のあなごめし | トップ | 広島蔦屋家電 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。