Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

デパ地下のあなごめし

2017-04-19 08:57:34 | エトセト等


あなご飯は瀬戸内名物で,岡山-山口あたりの駅弁だが,「うえの」という店のものがブランド.宮島口のレストランで食べられるがたいてい行列.その出店が広島三越の地下にある.

カウンターだが予約が必要で,時間に行くと炊き上がった釜飯が待っている.蓋を取ると米が見えないくらいのあなごである.食べ方が目の前に書いてあるが,最後は出汁をかけてお茶漬け風になる.山椒がみどりいろだった.米の量は1合だそうで,はじめはこんなに食べられるだろうかと思ったが,ぺろっと入ってしまった.
お茶もおいしかった.

ぼく的あなご飯のイメージでは千円台だが,メニューは一種類だけで,税込 2916 円.宮島口のふつうのあなごめしより高い.予約必要ということもあってか,空いていた.

以下は憎まれ口.
この三越地下のイートインでは,あなごめしばかりでなく,寿司屋も鰻屋も高い.高くても美味しければいいという三越マダムが対象らしい.コーヒースタンドはかって年金生活老人の溜まり場だったが,消滅した.

三越はあちこちで閉店しているが,広島から消滅しないでほしい.と言っても,お帳場カードはこのごろ滅多に使わないが...
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚擬街頭漂流記 | トップ | フーリエの冒険 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。