Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

堀江 敏幸「音の糸」

2017-03-13 09:24:40 | 読書
小学館 (2017/1).

【編集担当からのおすすめ情報】Amazon のホームページより
この本には、およそ70曲におよぶ楽曲が綴られています。読み進めると、それらが頭の中に微かに鳴り響き、音源を探してみたくなるかもしれません。そしてまた、自分なりの音楽の記憶の糸をたぐり寄せたくもなるのではないでしょうか。


「クラシックプレミアム」誌連載に加筆したとのこと.この雑誌? は隔月配布する CD の梱包用みたいな印象を持っていた.立ち読みすることもなかったので,この刊行は喜ばしい.

クラシックについてはほとんど無知だが,抵抗なく楽しんで読んでしまった.
エッセイとはいうものの,ここにあるエピソードにはフィクションも紛れているに違いない.隔月で書くというノルマに同情.
そう言えばこの著者の小説はエッセイみたいだ.

高級感ある装丁 : 間村俊一.

図書館で借用.
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偶然短歌 | トップ | フリードリヒ・グルダのラウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。