Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

コーヒー豆の家庭焙煎

2016-10-18 09:42:40 | エトセト等


コーヒーの生豆を各種 50gずついただいたので,焙煎を試みた.
ネットによれば,まず豆はぬるま湯で洗って薄皮を取るべしとあるが,乾くのを待つのが嫌なのでこの工程は省略.銀杏を煎るための金網のカゴが適しているというが,とりあえず写真の焙烙を棚下ろしした.

1) 我が家のコンロは IH 主体だが,オーム熱ヒーターも小さいのが一口ある.しかしこの上でごとごと俸禄を動かすのはためらわれる.宙に浮かした状態でふりつづけたら,熱い! 疲れる! パチパチという音が始まってやむまでが1ハゼ,遠火にして煎続けると2ハゼすなわち深入り開始...だそうだが,相手の色とこちらの疲労 = 嫌気で,ハゼ音と関係なく適当なところでストップ.写真は 10 分余りの難行苦行の結果だが,煎り方に随分ムラができてしまった.

2) ずっと振り続けるのは疲れるので,電子レンジに作戦変更.
平たい皿に一層にならべ,1分熱したらかき回すことを繰り返すこと,10 分くらい.しかし煎りムラはオーム熱ヒーターより大きい.飲んでみると,当然のことながら,深煎りと浅煎りのブレンド風.これはこれで悪くはないと自ら慰める.

3) オーム熱ヒーターの方が結果は良いが,電子レンジは疲れない.この両者を併用しよう.電子レンジの熱は豆の中心から外へと伝わり,オーム熱は外から中へと伝わるから,悪くはないはず.というわけで,5 分電子レンジ・つぎの 5 分をオーム加熱.煎りムラはやはり大きいので,浅煎り豆だけ拾い出して追加熱した.

4) 焙烙くんとはさよなら.5 分電子レンジ,その後いつものフライパンに豆を入れ,ひたすらしゃもじでかきまわしながらIHで加熱すること5分.煎りムラは 1) と同程度.2-3) よりはラク.煎っている感覚はコーヒー屋さんの焙煎機に近いかも.

煎りあげを新聞紙の上にひろげたらすぐ冷めた.変な豆を取り除き,翌朝挽いて淹れるというパターン.お湯を注ぐと粉が面白いように膨れる.
対象は 1) がコロンビア,以下,2) キリマンジャロ,3) グァテマラ,4) モカ だったが,豆の違いより煎り方の違いが結果を左右した.
なぜ特に電子レンジで煎りムラができるのかは疑問.

結論は...これに嵌ったら大変.焙煎したてをお店で買った方がよい.
ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メキシコのコーヒー | トップ | 病気をテーマとする短編小説集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。