Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

メキシコのコーヒー

2016-10-17 07:46:43 | エトセト等
メキシコはマリンバの本場だが,そのマリンバのご縁でコーヒー豆をいただいた.

日本での知名度はイマイチだが,今流行りのオーガニックコーヒーは,世界の60%がメキシコ産.いただいたチアパス産・マヤビニックは無農薬・無肥料の新豆とのことであった.ネットで買うこともできる

この地域のコーヒーの生産・加工・経営には慶應義塾大学の山本純一研究室が協力した.研究室の領域キーワードには貧困と地域開発・フェアトレード・連帯経済という単語が並んでいたが,きっと先生はコーヒーがお好きなんだろう.

そもそもコーヒーの「種」を大別すると,アラビカとロブスタになるそうだ.メキシコ産はアラビカ種ティピカ亜種だそうで,グァテマラやコロンビアに近い.あっさりしたくせのない味.この辺のコーヒー店の豆より3割くらい粉を増量して挿れた方が,我が家の好みに合うようだ.
ふたりで500gだと毎日でも一ヶ月以上持つので,冷凍して小出しにすることにした.
ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょんぼな額縁作り | トップ | コーヒー豆の家庭焙煎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。