Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

2015-03-26 07:46:43 | 読書
アンドリュー・カウフマン, 田内 志文 訳,東京創元社 (2013/9)

「BOOK」データベースより*****
ある日、カナダの銀行に紫色の帽子をかぶった強盗がやってきた。彼はその場にいた 13 人から“もっとも思い入れのあるもの”を奪い、去り際にこんな台詞を残した。「私は、あなたがたの魂の 51 %を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風おかしな、不可思議なできごとが起こることになるでしょう。ですがなにより重要なのは - その 51 %をご自身で回復させねばならぬということ。さもなければあなたがたは、命を落とすことにおなりだ」その言葉どおり、被害者たちに奇妙なことが起こりはじめる。身長が日に日に縮んでしまったり、心臓が爆弾になってしまったり。母親が 98 人に分裂した男性もいれば、夫が雪だるまに変身した女性も…。いったい、なにがどうなっているのか? *****

上述の内容以上でも以下でもない本.著者が思いつく奇想天外な事象を並べただけのようにも思える.語り手の妻は,ハイスクールで隣に座っていた今の夫 (すなわち語り手) から貰った電卓を奪われる.彼女は数学フェチで,夫の宿題・出産予定日.住宅ローンなどの計算にこの電卓を愛用していた.身長が日々減少するのだが,彼女はそれが「三角数」で予測できるとして,自分が消滅する日を計算するくだりがおかしい.
ハッピーエンドが暗示されている.

文章は平明で,芸術的に難解なわけではない.主張や教訓が含まれているようにも感じられない.童話のノリで楽しく読了.
挿画として入っている影絵 (Tom Percival) がよい.これは最初の場面.人物たちの関連が感じられないが,これが画風らしい.

黄色い表紙とタイポグラフィもよい.装丁 森田恭行.
これもまた図書館で借用した.

原題 The Tiny Wife.良い邦題とは思えない.
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜の来訪者  | トップ | イカナゴの釘煮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。