Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

4分33秒と絶対零度

2016-12-28 09:27:49 | 新音律


久野 和宏, 佐野 泰之, 野呂 雄一「音と波―その素顔と振る舞い」技報堂出版 (2013/09) は,味のある本.ここに,波動関数=0 は一般に波動方程式の無意味な解とされるが,ありとあらゆる波動を足し合わせれば結局ゼロになるであるという,禅のテキストみたいな記述があった.

続いてジョン・ケージの「4分33秒」が紹介されていた.
「4分33秒=273秒」だから,この作品は「絶対零度(-273℃)=無」すなわち,すべてが凍りついた静寂の世界を黙示している,という Note があった.
この説はわりに流布している.しかし絶対零度との対応を作曲者が意図していたかどうかは疑わしい.そもそも「秒」と「度」がなぜ対応するのかがわからない.

「音と波...」ではこの曲をピアノ曲と紹介していたが,ケージはとくに楽器を指定していない.ジャズバンドだっていいわけだが,Youtube にオケ演奏の動画があった.


けつおけ!こと ケツバット・キネン・オーケストラ 指揮:市原 雄亮,2013年1月の演奏.
『テーマパーク』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12 年前の格闘技ミステリ | トップ | 大阪大学出版会のポピュラー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新音律」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。