Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

広島大学は世界トップ100に入れるのか

2017-05-13 09:49:51 | エトセト等
山下柚実,PHP選書(2015/8).
しばらく前までは県内の書店では平積みになっていた.学長と大臣の写真が帯に並んでいるだけで手が出ないが,同じ理由で手を伸ばす層があるんだろう...そこをねらった,大学の宣伝本.

図書館で借りた.

Amazon の内容紹介(「BOOK」データベースより)*****
少子化、運営費交付金削減により、国立大学にも生き残り戦略が求められる時代になった。そんな中、文部科学省は、「スーパーグローバル大学創成支援(タイプA)」として、世界ランキングトップ100を目指す力のある大学13校に補助金を出す制度を開始。この13校のうちの一つに、広島大学も選出された。実は広島大学は、論文被引用数で国立大学5位になるなど研究のレベルが高く、「平和科目」を必修とするという独自性も備えている。では世界トップ100に入り、さらに目標として定める「100年後も光り輝く大学」になるために必要なことは何か。ローカル国立大学の挑戦を綴る。*****

ある程度事情を知っていれば,上記データベースで分かった気になれば十分.

とくにこの本のタイトルに関連するとは思わないが,読む価値があるのは9人の教授による研究紹介.個人的にはとくに逆風下にある文学研究科,教育学研究科のふたりの教授へのインタビューに,理工系とは違う目線を感じた.
オウムの幹部の多くは理系,地下鉄サリン事件は,文学的に見るならありえない事件...とか (佐藤利行副学長).

平和教育云々の記述で,まずオバマが登場するのも,なんだかなーと思う.一方 防衛省の軍事研究との関わりについては,この本ではあえて言及しないのも広大的 (大学としては応募しないことになっているはず).

以下は個人的感慨.
国立研究所からこの大学に移って感じたのは,とにかく文科省の「良い子」であろうとする態度.この本も,安倍晋三が「今後10年で世界大学ランキングトップ100に10校ランクインを目指します」と言ったのに追随 (あるいはそれを利用) しているのだろう.
大学を定年してはや一巡する.トップサイエンスを標榜する古巣の専攻でも,ここ数年は定年退職後の教授のポストは補充されないらしい.広島大学は世界トップ100に入るより,トップ100から日本の大学が全部消える方に,現実味を感じる.
ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピーターラビット展 ひろし... | トップ | ふるさとのねこ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エトセト等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。