Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

ちょんぼな額縁作り

2016-10-16 10:09:20 | お絵かき


展覧会に出品するには絵を額縁に入れることが must らしい.100 号額縁ともなると十万円くらいが相場である.「仮縁」というのがあって,一万円くらいだが,これで出品すると審査員の心証を悪くするのだそうだ.
いままでは DIY で買った角材をキャンバスの四辺にぶつけて額縁らしくきたが,こんどの波の会セレクト展に向けて,すこし複雑なものを試みた.

ベースは図左の白い仮縁 (マルオカ フレームイット) で,縁面から絵の表面まで傾斜がある.この部分だけを金ピカに塗った.「カラージェッソゴールド 300mlスタンドパック ホルベイン・メディウム」という絵の具である.真ん中の写真のように,すこし塗るときにはみ出したりしたが気にしない.

次に仮縁の四辺にあらかじめ黒く塗った角材を打ち付けた.写真ではよくわからないが,角材の額面は仮縁の額面より1センチ出っぱらした.見た目はいいがその結果,右の写真のように,自立は困難で立てかけても不安定となった.もっと幅のある,長方形断面の角材を使えばいいのだが,そうすると額縁全体が重く手に負えなくなるのだ.



写真左のように額縁の色は外から黒・白・金.なかなかいいと思うのだが,J 子が葬式の幕みたいと言って,ご苦労にも白い部分を黒く塗った.提出したのは右の額.
ジャンル:
リフォーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波の会セレクト展 | トップ | メキシコのコーヒー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。