Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

ジョージ・シアリング クインテット

2017-06-16 09:34:08 | ジャズ
隔週に集まってジャズを演奏している.ピアノ・ギター・ヴァイブ・ベースが定着しそう.そこで思い出したのがジョージ・シアリング クインテットである.ぼくの学生時代に,すでに懐メロ扱いだったが,この September in the rain は 1949 年の録音だったのだ.



ピアノ・ギター・ヴァイブがユニゾンとオクターブでテーマの A メロ,サビはピアノという出だしがかっこいい.しかし中身はピアノの独演.同じような (というより,もっと単純な) 編成の MJQ のように長持ちしなかったのは,ミルト・ジャクソンのような魅力あるフロントが不在だったためだろうか.

同じ編成だが,シアリングが 1961 年に Wes (guit); Buddy (vib); Monk (b) のモンゴメリ・ブラザーズ (Walter Perkins (ds)) と共演したアルバムがあった.でもどの曲も短いのが物足りなかった.SP 感覚だろうか?

下の動画は比較的ジャズっぽいが,メンバーはわかりません.

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« too obedient | トップ | Microsoft が Docs を馘首 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。