競馬・2倍の複勝

「競馬・起死回生」改め、最初の「2倍の複勝」に戻しました。

秋華賞の回顧

2016-10-17 15:05:37 | 競馬

ボクの予想はバッチリでした(笑)

多くの1番人気ビッシュから馬券を買った人には何とも納得のいかない結果

だったことでしょう。そうですね。はっきりとした敗因がないだけに

なおさらですが、競馬の結果ってはっきりとした敗因が掴めて納得がいく

ことのほうが少ないです。2人気のジュエラーにしてもデムーロの

コメントは内をつくしかなかった。ジュエラーは内をつくとダメで

外を突きたかったというデムーロにしては、なんとも締まらないコメント。

ジュエラーから馬券を買っている人は、じゃあ初めから外に出せよいいたく

なるでしょ。ボクは個人的にはジュエラーには2000mが長かったかなと

思っています。もし、エリザベス女王杯に出てくれば距離については

検討してみようと思います。

さて、ビッシュの敗因ですよね。

道中なんの不利もなくいい位置で運べたし、前に勝ったヴィブロスをみて

レース運びとしては、言うことなし。ただ追い出して馬が伸びなかっただけ。

極端な馬体減もなく、輸送もうまくいったと陣営は言ってましたが、

それは数字とか外見の話で、ボクは長距離輸送による精神的なストレスが

あったんじゃないかと思っています。元々記者の間でも初の関西への

長距離輸送、初コースを懸念材料にあげていた人はケッコウいましたよ。

ところがレースが近づくごとに、懸念はどこえやら。イケイケどんどんに

なっていた印象です。

さて、優勝したヴィブロスですが、長距離輸送のトライアル紫苑Sが

414kg。そして地元の京都でも414kgと馬体重に変動がなく、小柄な牝馬に

しては精神的な成長をうかがわせるものでした。そのへんはビッシュとの

差になったということでしょう。姉がヴィルシーナで血統的な裏付けも

あったことはあったけど。

ボクの着眼点はジョッキーのユーイチくんですね。

元々牝馬に乗せれば定評のあるジョッキーですが、ここはスプリンターズSの

雪辱をと期するものあったのは間違いないですね。

ちょっと残念だったのは1枠1番を活かせなかった浜中かな。コメントでは

イレコミがきつくて行けなかったと言っているが、行かせれば折り合いも

ついたかもと思うのは素人の考えか。浜中くん次はちゃんと乗ってや。

かかる馬ということでは、カイザーバルには驚いた。かかり癖のある馬で

15番枠は前がカベにできない不安はあったが、レースでも懸念したとおり

しっかりかかっていた。あー、これはもうどこもないなと思ってみていたら

なんのなんの一旦は先頭をうかがうというレースぶり、なんとかかんとか

折り合いをつけた四位の騎乗術なんだろう。馬を御すことにかけては

この人の右に出る騎手はいないとまで、いわれた四位の技を垣間見る

ことができた。次に内枠を引いたら要注意なことはみんな承知している

だろうから人気になるだろうな。

今週は菊花賞だ。邪道の馬券術を炸裂させるかな(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋華賞の馬券 | トップ | 天皇賞秋その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL