競馬・2倍の複勝

「競馬・起死回生」改め、最初の「2倍の複勝」に戻しました。

天皇賞秋その1

2016-10-17 15:56:10 | 競馬

まだ、1週前の登録なのでちょっと早いかとは思いましたが、

なんとアンビシャスの鞍上がルメールから横山典に乗り替り。

毎日王冠で3着にヒストリカルがなんできたかを延々と

書いた手前、なんとなく気持ちがすっきりしません。

それでも大阪杯で並み居るG1ホースをなで斬ったときの

鞍上に戻ると思えば、まあいいかあ(笑)

アンビシャスを降りたルメールが乗るのがラブリーデイ。

これはちょっと面白い。なんでって?

ラブリーデイの馬主は金子さん。そう凱旋門賞で手綱をとった

マカヒキの馬主で、ラブリーデイの厩舎は池江寿厩舎。

ダービーでマカヒキを降りて選んだサトノダイヤモンドの

管理調教師。ちょっと複雑に見える相関関係。

そこでボクとしては、ルメールが勝ち負けにこだわっての選択か

否かが気にになるところ。なぜならラブリーデイとアンビシャスを

ボクにどっちに乗るかと問われれば、躊躇なくアンビシャスですから。

心配ない。ボクにどっちに乗るかなど聞かれる状況などありえない。

断じて。仮にもし、ですよ。仮説も許してくれんか。

まあ、アンビシャス断然なのは、贔屓の引き倒しと思われてもいいです。

毎日王冠で先着を許したルージュバックですが、次はきっちりかたを

つけましょう。アンビシャス毎日王冠から中2週での天皇賞、輸送も考慮すると

毎日王冠の仕上げは万全でなかったと思っています。今度の天皇賞秋では

言い訳はしません。懸念のかかり癖もエイシンヒカリが引っ張って

モーリス、ロゴタイプなどが追いかければスローになることはないので

決め手勝負になるのは願ってもない。アンビシャスの真価を問う一戦。

相手はルージュバックはもちろん、前走不利に泣いたステファノス。

ラブリーデイはあんまり相手に考えてないです。モーリスやリアルスチールも

一応相手ではありますが、リアルスチールを降ろされたユーイチくん。

今度は前走うまく乗ったサトノノブレスでなく、サトノクラウン。

ユーイチくんは池江より堀厩舎を優先で乗っている印象。

エージェントの絡みもあるんでしょうが。

それやこれや考えていると、天皇賞秋が楽しみですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋華賞の回顧 | トップ | 菊花賞予想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL